国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

吉田館長からのメッセージ

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、亡くなられました方やそのご家族にはつつしんでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

この度の地震により、国立民族学博物館では、教職員、総合研究大学院大学の大学院生、来館者を含め、人的被害はなく、展示物の破損もわずかのもの(計21点)にとどまりました。その一方で、展示場の施設の損傷をはじめ、研究室、図書室における蔵書の落下などの被害が発生いたしました。このため、博物館は、当面休館せざるを得なくなりました。

目下、早期の展示ならびに図書室の再開を目指して、館員一丸となり、作業を続けております。
皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

2018年7月1日
国立民族学博物館長:吉田憲司