国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

スタッフの紹介

江口一久(故人)
江口一久(故人)EGUCHI Paul K.
国立民族学博物館・名誉教授
専門分野
各個研究
個人ホームページ

経歴

学歴
  • 京都大学文学部言語学科卒(1965)
  • 京都大学大学院文学研究科修士課程修了(1967)
  • 京都大学大学院文学研究科博士課程中退(1971)
職歴
  • 国立民族学博物館第3研究部助手(1974)
  • 国立民族学博物館第3研究部助教授(1976)
  • 国立民族学博物館第3研究部教授(1994)
  • 国立民族学博物館民族文化研究部教授(1998)
  • 国立民族学博物館定年退職(2005)
  • 総合研究大学院大学名誉教授(2005)
  • 国立民族学博物館名誉教授(2005)
学位

文学修士(京都大学大学院文学研究科 1967)

専門分野

言語民族学(西アフリカ・フルベ族の言語文化・西アフリカ・口承文芸の研究)

研究のキーワード

口承文芸、カメルーン、フルベ族

所属学会

日本民族学会、言語学会、日本アフリカ学会、日本昔話学会


業績

著書
2000
『北部カメルーン・フルベ族の民間説話集 V』松香堂
1999
『北部カメルーン・フルベ族の民間説話集 IV』松香堂
1998
『北部カメルーン・フルベ族の民間説話集 III』松香堂
1997
『北部カメルーン・フルベ族の民間説話集 II』松香堂
1996
『北部カメルーン・フルベ族の民間説話集 I』松香堂
『おはなし村 西アフリカから』保育社
1996
編著書
「言語と言語生活」『アフリカ入門』新書館(川田順造編)
1999
論文等
1998
The Moba Fulbe "Bush Language", Iazyk Afrika Fulbe, Moskva, Evroleiskii Dom, pp.257-276
「冗談関係にあるもののあいだでかわされる冗談-北部カメルーン・フルベ族の場合」『国立民族学博物館研究報告』20巻4号 国立民族学博物館 pp.647-669
1995
口頭発表等
  • カメルーン:特別展の資料収集のため(2003.2.20~3.13)
  • ベトナム:ベトナム木版画の民族学的研究のため(2002.11.25~12.4)
  • マレーシア:国際叙事詩セミナー出席のため(2002.10.26~31)
  • フランス:アフリカ口承文芸学会出席のため(2002.7.8~15)
  • カメルーン・ブルキナファソ・コートジボワール:西アフリカ民具収集のため(2002.5.13~6.10)

代表者を務めた研究・プロジェクト

展示活動

関連ページ

研究公演
その他

定年退職記念シンポジウム「昔話と現代」(2005.3.3-5)