国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

大森康宏の映像の世界 ─A Shamanic Medium of Tugaru─

大森康宏の映像の世界
「A Shamanic Medium of Tugaru」
1994年 1時間33分カラー 16mm

このムービーを見るためには、Quicktime プラグインが必要です。

「津軽のカミサマ」の英語版。内容は同じであるが、解説なしで字幕スーパーによって会話を翻訳した。とくに祈りの言葉は、翻訳が困難であった。
工藤タキさんは、初めカミサマとして人の病を治し、占ってきた。やがてイタコの免許を師匠からもらって、恐山で開業するようになった。彼女の活動ぶりを追跡、記録したもの。長期間の追跡によって、おしらさまの儀式や、遊ばせを中心にとらえ、周囲の人々との関係も投影してある。

製作 国立民族学博物館
企画、撮影、制作 国立民族学博物館研究部 大森康宏
撮影時期、場所 1991年9月~93年3月 青森県 むつ市 恐山、西津軽車力村、木造町
撮影協力 工藤タキ、加藤 登
撮影・製作協力 NHKサービスセンター
製作完成 1994年3月
#入選 1994.10 ニューヨーク自然史博物館、マーガレット・ミード記念映画大会入選
#受賞 1995.4 パリ第14回民族誌映画総合大会ナヌーク賞(グランプリ)
主な公開 パリ大学、ニューヨーク自然史博物館、アメリカ合衆国主要6都市の大学巡回上映