The National Museum of Ethnology (Minpaku) is a research center for ethnology and cultural anthropology.
japan site

Devotion to the Arts of Living Daily Life Among the Aynu of the Kurile, Sakhalin and Hokkaido Islands Objects from the Late 19th - Early 20th Century Collections of Ethnological Museums in Germany and Japan

 

flyerヨーロッパではアイヌ民族に対する関心が高く、19世紀末から20世紀初めにかけてアイヌに関する資料が盛んに収集されました。特にドイツでは、北海道、樺太(サハリン)、千島列島のアイヌの民具が多数収集されました。今回はその中でも、ライプツィヒとドレスデンの民族学博物館から152点の資料と30点あまりの写真を借用して展示します。また、これらとほぼ同時期に収集された本館の所蔵資料(東京大学旧蔵資料)も展示します。アイヌ文化が急激な変化を被りつつも、その独自性を残していた100年前の人びとのくらしを紹介するとともに、生活用具製作の技術の高さと、工芸としての完成度の高さを示していきたいと思います。また当時、黎明期にあった日本の人類学の活動の一端も紹介します。なお、今年は日独交流150周年で、本特別展はその関連事業の一つです。

 

[→] チラシダウンロード[PDF:2.25MB]

ライプツィヒ民族学博物館 ドレスデン民族学博物館
ライプツィヒ民族学博物館
ドレスデン民族学博物館
 

ご利用案内

  • 特別展示館 開館時間=午前10時~午後5時[入館は午後4時30分まで]
  • 休館日=水曜日 [期間中11月23日(水・祝)は開館、翌24日(木)は休館]
  • [無料観覧日] 11月3日(木・祝)、11月19日(土)、11月20日(日)
  • [観覧料]一般420円(350円) 高校・大学生250円(200円) 小・中学生110円(90円)
    上記観覧料ですべての展示をご覧いただけます。
    ( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、授業レポート等の作成を目的とする高校生、3 ヶ月以内のリピーター、満65 歳以上の方の割引料金(要証明書等) 
    • 大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程
    • 自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園各ゲート脇の券売機で当館(国立民族学博物館)の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。
    • 障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1 名とともに無料で観覧できます。
    • 毎週土曜日は、小学生・中学生・高校生は無料で観覧できます。
      (ただし、自然文化園(有料区域)を通行される場合は、同園の入園料が必要です。)

主催=国立民族学博物館、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構

後援=国土交 通省、文化庁、外務省、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、北海道、北海道教育委員会、大阪府教育 委員会、吹田市、吹田市教育委員会、社団法人北海道アイヌ協会

協力=ドレスデン国立アートコレクション、ザクセン国立民族誌コレクション群、ライプツィヒ民族学博物館、ドレスデン民族学博物館、北海道開拓記念館、東京大学総合研究博物館、東京大学大学院医学系研究科・医学部細胞生物学・解剖学講座、板橋区立郷土資料館、函館市中央図書館、財団法人アイヌ民族博物館、北海道大学アイヌ・先住民研究センター、北海道大学スラブ研究センター、財団法人千里文化財団、日本万国博覧会記念機構

お問い合わせ先:国立民族学博物館 〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL 06-6876-2151