The National Museum of Ethnology (Minpaku) is a research center for ethnology and cultural anthropology.
japan site

Senri Ethnological Reports (SER)

The purpose of Senri Ethnological Reports is to publicize as quickly as possible the results of research conducted by the Museum’s faculty, cooperating faculty, and research fellows. SER publishes the results of field investigations regarding specific peoples, regions, or themes that require preliminary reports, as well as items of a source material nature such as bibliographies and data collections. Published in Japanese and other languages. Occasional publication.

The purpose of Senri Ethnological Reports is to support rapid reporting of individual, inter-university, and core research projects. The journal includes multiple- and single-author reports on specific ethnic groups, regions and themes, collection records, and raw field data. Any language can be used, and the series is irregular (usually about six issues per year). All contributions are reviewed by a museum editorial committee.
No.141 Amish and Mennonites’ Ideas and Practices for Well being : Seeking Age friendly Communities

[Latest Edition]March 30, 2017 Publication

Nanami Suzuki

back numbers

目次

序章
 Ⅰ 現代社会におけるコミュニティへの関心
 Ⅱ 多様なコミュニティの創出者アーミッシュたち
 Ⅲ ライフコースにおけるウェルビーイングへの問い
 Ⅳ 現地調査と本書の構成
  1 現地調査
  2 本書の構成
第1章 様々なアーミッシュたちの登場――信仰表現としての生活実践の選択
はじめに
 Ⅰ 教会――共にウェルビーイングを問い続ける人々
  1 再洗礼派の起源――信教の自由と信者の交流としての教会
  2 聖書に基づく新しい共同体――教会の実践
  3 聖書の解釈と再洗礼派の系譜
 Ⅱ 迫害とマイグレーション
 Ⅲ オルドヌング――検討され続ける規律
  1 馬車で行ける距離にいること
  2 礼拝とフェローシップ・ミール
 Ⅳ 教会と様々なグループの登場
  1 三つのカテゴリー
  2 ミーティングハウス・アーミッシュ――アーミッシュ・メノナイト
  3 現代文明の適用に関する議論
  4  教会精神の共有とアーミッシュへの回帰――ニューオーダー・アーミッシュとアーミッシュ・ブラザフッド
  5 シャニング――アーミッシュ・メノナイトのエイダ・フィッシャーの経験
 おわりに
第2章 学びの意味の探求
 はじめに
 Ⅰ オールドオーダー・アーミッシュのワンルームスクール
 Ⅱ ライフコースと若者期
 Ⅲ ワンルームスクールで学ぶオールドオーダー・アーミッシュの子どもたち
 Ⅳ アーミッシュ・メノナイトの教育――教会学校とホームスクール
  1 アーミッシュ・メノナイト教会と教育――教会が運営する学校
  2 アメリカ合衆国におけるホームスクールの展開
  3 アーミッシュ・メノナイトのホームスクール実践
 Ⅴ ライフロング・ラーニング――語り合い共に考える
  1 議論と学び――コミュニティの「手入れ」
  2 価値観と居場所――つくられ続ける新しいアーミッシュ教会
 おわりに
第3章 エイジング・イン・プレイスの実践――生きる場を慈しむ時間
 はじめに
 Ⅰ 相互扶助の信念と実践
  1 再洗礼派における無抵抗・非暴力・平和主義とケア
  2 相互扶助――頼り頼られる決意
 Ⅱ 共に働く
  1 農業と協働
  2 時間を共有する家族とコミュニティ
  3 広がるコミュニティと交流・包摂
 Ⅲ いつでも会えるところにいる人々――ケアとコミュニケーション
  1 グロースドーディ・ハウス――様々な共棲に開かれた大きなおじいさんの家
  2 外に開かれた家
 Ⅳ 非暴力・平和主義とケア空間の開発
  1 無抵抗の展開――良心的兵役拒否と代替活動
  2 代替活動の経験を生かしたケアの構想
 Ⅴ 高齢者のウェルビーイングに資する住居から街の構想へ
  1  アメリカ合衆国における高齢者のウェルビーイングと終の棲家としての複合施設
  2 多様なコミュニティに関わり続ける暮らし
 おわりに
第4章 ケアと楽しみと居場所――パッチワーク・キルトのある生活
 はじめに
 Ⅰ アーミッシュ・キルトのストーリー
  1 アーミッシュ・キルト
  2 地域の特徴というストーリー
  3 変化するキルト文化
 Ⅱ キルトに纏わる物語
  1 自然環境や生活をモチーフにしたキルトと裁縫道具
  2 人生のみちゆきを表現するキルト
  3 信念を表現するキルト
 Ⅲ キルトと居場所
  1 ボランティアと多世代協働のミーティング・ポイント
  2 観光資源としてのキルトと生きる場の拡大
  3 習慣としてのキルトの楽しみ
 おわりに
第5章 遙かな人々とのコモンズへ――テンサウザンド・ヴィレッジズの物語
 はじめに
 Ⅰ 手作りの楽しみからケアへ
  1 手作りの楽しみ
  2 宗教的信念に基づく社会正義に根ざした開発
 Ⅱ テンサウザンド・ヴィッレッジズの歴史と目的
  1 テンサウザンド・ヴィッレッジズとの出会い
  2 メノナイトの一女性のアイディア
  3 目的と方針
  4 TTVの展開
 Ⅲ 多様なストアの役割
  1 カンパニーストア
  2 コントラクトストア
  3 フェアトレード・フェスティバルセール
 おわりに
終章――ウェルビーイングとエイジ・フレンドリー・コミュニティ

引用文献
謝辞
著者紹介
 

No. 140 All No. 142