The National Museum of Ethnology (Minpaku) is a research center for ethnology and cultural anthropology.
japan site

Senri Ethnological Reports (SER)

No.49 Research Writing in Japan: Cultural, Personal and Practical Perspectives

February 27, 2004 Publication

Edited by Peter J. Matthews, Jun Akamine

back numbers

刊行の目的および意義

本書は平成15年3月15、16日の二日間にかけて、国立民族学博物館の主催で開かれたコンフェレンス「日本におけるリサーチ・ライティング-文化的、個人的、実践的な視点から-」の成果である。
本書には、日本で学術研究を執筆、編集、翻訳、出版する際役立つ実用的なアドバイスが豊富に含まれている(赤嶺、Flint、Goel、 原と福野、小林、McCreery、 Riggs and Murray、 大貝、Takeda、Weisburd)。 また、研究や学術出版に使用される言語としての英語と日本語の歴史と役割について、多くの観察が含まれる(赤嶺、Bradford、 Eades、小林、Kotani、Takeda、Temese、Yakai)。さらにSWET(the Society of Writers, Editors and Translators)所属のRiggsとWilkinsonは、多くの研究者が日本で有効利用することができる、様々なプロフェッショナル言語サービスの紹介をしている。
リサーチ・ライティング・コンフェレンス2003は学生、研究者、出版者、そして言語サービス・プロフェッショナルという広範囲の参加者を得、日本のリサーチ・ライティングを広く観察した最初の試みといえよう。
本SERは日本の学術研究者のみならず、民間企業の研究者、外国で多言語を使用する環境下で働いている人々、日本や外国の大学でリサーチ・ライティングの授業で使用する資料をさがしている教師等に利用されることが期待される。また、本書は日本国内において研究者、出版者、言語サービス・プロフェッショナル間のコミュニケーションを向上させる手助けとなるだろう。
リサーチ・ライティングは研究過程における重要な連結部なのにもかかわらず、今まで教育指導者の間で、十分な注意が払われていなかったと本書では認識されている。本書が、日本の教育政策の発展と教育改革を進めるうえで、有益な貢献をすることが期待される。

 

CONTENTS

Preface
 ……………… Peter J. Matthews and Jun Akamine
Part Ⅰ: Research Writing in Context
Local Research, Global Audiences: Linguistic Hegemony and Transnational Publishing in the Information Age
 ……………… J. S. Eades
Standards in Literature and Academic Writing (Comments on Literary and Academic Criticism in Japan)
 ……………… Christopher Isherwood
Research Writing in Japan Today and What We Can Do to Improve It
 ……………… Richard Weisburd
Part Ⅱ: Writers and Writing - Personal Perspectives
Perish, then Publish: What You Might Do If Tenure Eludes Your Grasp
 ……………… John McCreery
Tertiary Education in Japan: A Student's Personal Experiences
 ……………… Edna Temese
English as a Lingua Franca? Reflections of a Student
 ……………… Sachiko Kotani
Experiences of a Foreign Student in Japan
 ……………… Mathew Yakai
In Anticipation of Field Studies Education
 ……………… Jun Akamine
Research Writing at a University Museum
 ……………… Reiko Hara and Akiko Fukuno
My Career with Papers
 ……………… Yoshinari Kobayashi
Research Writing and Language Use: Facts and Fallacies in Academic and Business Contexts
 ……………… Takeyoshi Ohgai
Part Ⅲ: The Language Services Industry
Learning on the Job: a Translator in Tokyo
 ……………… Richard Bradford
A Guide to Buying Translation Services
 ……………… Paul Flint
The Society of Writers, Editors and Translators (SWET): Fostering Professionalism in English Writing in Japan
 ……………… Lynne Riggs and Keith Wilkinson (compilation)
Working with Words - Editing and Editage
 ……………… Abhishek Goel and Shreya Baliga
Publishing with Elsevier
 ……………… Toshiko Takeda
Toward a Handbook on English-language Publishing in Japan
 ……………… Lynne Riggs and Patricia Murray
Part Ⅳ: Review and Overview
Research Writing in Japan: the Bottleneck and Imperatives for a Conference Series
 ……………… Peter J. Matthews
Towards a Cultural Understanding of Research Writing, Translation and Editing
 ……………… Roger Goodman
Conference Schedule
Contributors and participants
 

No. 48 All No. 50