The National Museum of Ethnology (Minpaku) is a research center for ethnology and cultural anthropology.
japan site

Senri Ethnological Reports (SER)

No.97 An Anthropology of the Marine Environmental Conservation

March 1, 2011 Publication

Edited by Hiroyuki Matsumoto

back numbers

目次

序章 海洋環境保全の人類学
 ……………… 松本博之
第1部 参加型開発の問題性と地域住民の多様性
第1章 干潟の住民参加型保全における「地域住民の知識」―沖縄島・羽地内海沿岸の集落を事例として
 ……………… 池口明子
第2章 海を名づけること―微小地名にみる沿岸資源の利用と野生生物との「共生」
 ……………… 関礼子
第3章 海をめぐる無形の資本―マダガスカルの漁村から資源管理論を問い直す
 ……………… 飯田卓
第2部 東南アジア沿岸漁村の開発とNGO活動の功罪
第4章 零細漁民のエンパワメント・ツールとしてのマングローブ植林
 ……………… 川辺みどり
第5章 アジア海域社会の復興と地域環境資源の持続的・多元的利用戦略
 ……………… 山尾政博、 Wantana Chenkitkosol、Ponprapha Sakulseng、Phattareeya Suanrathanachai
第3部 先住民と環境保全をめぐる現代的問題
第6章 越境する先住民社会―ユーコン川流域の環境改善に取り組む先住民政府間組織
 ……………… 井上敏昭
第7章 沿岸水域の海洋資源をめぐる先住民の窮状 ―オーストラリア・トレス海峡諸島のジュゴンを事例として
 ……………… 松本博之
第4部 捕鯨・ナマコと国際社会
第8章 先住民族による捕鯨活動
 ……………… 岩崎まさみ
第9章 モバイル時代の鯨捕り―カリブ海、ベクウェイ島の事例より
 ……………… 浜口尚
第10章 変容する鯨類資源の利用実態―和歌山県太地町の小規模沿岸捕鯨業を事例として
 ……………… 遠藤愛子
第11章 野生生物保護の問題点―「人類共有遺産」の保全をめぐる同時代史的視座
 ……………… 赤嶺淳
第5部 環境保全の国際性と総合性
第12章 北アメリカ極北地域における気候変動の生業活動におよぼす諸影響に関する覚書 ―カナダ国ヌナヴィク地域と米国アラスカ北西地域を事例として
 ……………… 岸上伸啓
第13章 沖縄における造礁サンゴ移植活動の課題
 ……………… 鹿熊信一郎
 

No. 96 All No. 98