The National Museum of Ethnology (Minpaku) is a research center for ethnology and cultural anthropology.
japan site

Minpaku Tsushin

Minpaku Tsushin provides information mainly to researchers on the scholarly context, original aspects, and expected results of research that the Museum is planning or is currently conducting. Published in Japanese only, four times a year.

Please contact:Publications Office National Museum of Ethnology
Senri Expo Park, Suita City, Osaka, 565-8511 JAPAN
Fax: +81-6-6878-7503
email: hensyu@idc.minpaku.ac.jp

2011 No.133

評論・展望 新しい人文学の創成を目指して ──民博の改組と人間文化研究機構のこれから
Published July 30, 2011

back numbers

評論・展望

新しい人文学の創成を目指して ──民博の改組と人間文化研究機構のこれから
長野泰彦

研究プロジェクト

布と人の人類学を構想する
機関研究 「マテリアリティの人間学」領域 布と人間の人類学的研究
関本照夫
第四世界的状況と「真正性の水準」
共同研究 生の複雑性をめぐる人類学的研究:「第四世界」の新たな記述にむけて
小田亮
ポスト社会主義以後のユーラシア――旧ソ連型社会主義地域は一つの研究対象になりうるか
共同研究 ポスト社会主義以後の社会変容――比較民族誌的研究
佐々木史郎
日本列島への先史人類の移動と拡散
共同研究 人類の移動誌:進化的視点から
印東道子
音楽のパフォーマティヴな実践と公共性
共同研究 マイノリティと音楽の複合的関係に関する人類学的研究
寺田吉孝
フォーラムとしての「平和の人類学」
共同研究 平和・紛争・暴力に関する人類学的研究の可能性
小田博志
高齢者のウェルビーイングとライフデザインの協働
共同研究 ウェルビーイング(福祉)の思想とライフデザイン
鈴木七美
フェアトレードを可視化する――コーヒーとカカオの生産現場から
共同研究 フェアトレードの思想と実践
鈴木紀
「リスク」とどう向き合うか
共同研究 リスクと不確実性、および未来についての人類学的研究
碇陽子
グローカル化の中の中国社会
共同研究 中国における社会と文化の再構築――グローカリゼーションの視点から
韓敏
「組み合わせ」の技法――オランダ流ワークライフバランスとは
共同研究 ジェンダー視点による「仕事」の文化人類学的研究
中谷文美
北を見ると南も見える
共同研究 朝鮮半島北部地域の民俗文化に関する基礎的研究
朝倉敏夫

Please contact:Publications Office National Museum of Ethnology
Senri Expo Park, Suita City, Osaka, 565-8511 JAPAN
Fax: +81-6-6878-7503
email: hensyu@idc.minpaku.ac.jp