国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくのオタカラ

リトゥ・クマールの婚礼衣装 2005年10月14日刊行

杉本良男

リトゥ・クマールは、1960年代から活躍しているインドを代表するファッション・デザイナーである。最近の週刊誌『アウトルック』ではインドのデザイ ナーのランキングが発表されたが、リトゥ・クマールはそこで堂々と第1位に選ばれた。自身『インド王家の衣装とテキスタイル』という本を出版し、王室のめくるめくファッションについて多くの写真を交えて体系的に紹介している。また、1994年にインド代表がミス・ユニヴァースとミス・ワールドの2冠を獲得 したときに、衣装を提供していたのもリトゥ・クマールであった。

ご紹介しているのは、インド西部ラージャスターン州の民族衣装のかたちをもとに、王宮で育まれてきた金銀糸刺繍やメタリックな刺繍などをつかった豪華な婚礼衣装である。スカート部分がレーンガー、ブラウスはチョーリー、そして、ヴェールにもスカーフにもできる一枚布はドゥパッターとよばれる。見事な手仕事の技がさえわたっているおタカラである。

杉本良男(先端人類科学研究部)

◆今月の「オタカラ」
標本番号:H228440、H228441、H228442

[img]
リトゥ・クマールの婚礼衣装

◆関連ページ
特別展「インド サリーの世界」(2005年9月8日~12月16日)