国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

催し物のご案内

みんぱくでは、世界の諸民族についての理解と認識を深めてもらうために、研究成果を社会一般に向けて親しみやすく公開するみんぱくゼミナールや研究公演を実施しています。参加は無料ですが、自然文化園(有料区域)を通行される場合は入園料が必要です。公園東口駅からは無料で来館することができます。

アイコン
《手話言語学関連》「みんぱくで手話通訳技術を磨こう!2018」
  • 開講日:2018年10月8日(月)、10月15日(月)、10月22日(月)、11月12日(月)、11月19日(月)、11月26日(月)、12月3日(月)、12月10日(月)
  • 場所:アットビジネスセンター大阪梅田(西梅田MIDビル)904号室
  • 一般公開(受講料1講座2,500円/要事前申込[先着順])
《手話言語学関連》「みんぱくで手話通訳技術を磨こう!2018」
アイコン
オリジナル木製スプーンをつくってみよう(京都造形芸術大学との共同プロジェクト)
  • 開催日:2018年9月22日(土)、9月29日(土)、
        10月13日(土)、10月21日(日)、
        11月3日(土・祝)、11月18日(日)
  • 時間:11:00~15:30(15:00受付終了)
  • 定員:各日80名(当日受付/先着順/要特別展示観覧券)
オリジナル木製スプーンをつくってみよう(京都造形芸術大学との共同プロジェクト)
アイコン
東北の復興を願って――夢、希望、想いをこめて
  • 日 時:2018年10月28日(日)13:00~16:35
  • 場 所:国立民族学博物館 エントランスホール(本館1F)
  • 参加費:無料/事前申込不要
        ※参加者多数の場合は立ち見となることがあります。
東北の復興を願って――夢、希望、想いをこめて
アイコン
みんぱく公開講演会「音楽から考える共生社会」
  • 日 時:2018年11月2日(金)18:30~20:40(開場17:30)
  • 場 所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル3F)
  • 一般公開(参加無料/要事前申込/定員600名[先着順])
みんぱく公開講演会「音楽から考える共生社会」
アイコン
公開フォーラム「世界の博物館2018」
  • 日時:2018年11月3日(土・祝) 13:00 - 17:00
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室
  • 一般公開(参加無料/要事前申込/定員70名[先着順])
公開フォーラム「世界の博物館2018」
アイコン
シンポジウム「バスケタリーと人類」
  • 日時:2018年11月3日(土・祝) 13:30 - 16:20
  • 場所:国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2F)
  • 一般公開(参加無料[要大阪日本民芸館入館券]/要事前申込[先着順]/定員60名)
シンポジウム「バスケタリーと人類」
アイコン
カザフ伝統医療の世界
  • 日時:2018年11月4日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
  • 話者:藤本透子(国立民族学博物館准教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
カザフ伝統医療の世界
アイコン
彷徨える河
  • 日 時:2018年11月4日(日)13:30~16:30(開場13:00)
  • 場 所:ホテル阪急エキスポパーク多目的ホール(オービットホール)
        ※館外での開催となります。ご注意ください。
  • 参加無料/申込不要(先着順)
彷徨える河
アイコン
手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2018
台風24号の影響により延期しておりました2日目のプログラムを11月4日(日)に開催いたします。
詳細は、下記サイトにてご確認ください。
★手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2018/SSLL2018
手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2018
アイコン
ミンパク オッタ カムイノミ(みんぱくでのカムイノミ)
  • 開催日時:2018年11月8日(木) 10:30~11:50
  • 開催場所:国立民族学博物館 玄関前広場(雨天の場合、古式舞踊はエントランスホールにて実施)
ミンパク オッタ カムイノミ(みんぱくでのカムイノミ)
アイコン
第34回人文機構シンポジウム 国際シンポジウム「市民とともに地域を学ぶ―日本と台湾にみる地域文化の活用術」
  • 日時:2018年11月10日(土)13:00~17:30(開場12:30)
  • 場所:TEPIAホール(東京都港区北青山2-8-44)
  • 一般公開(参加無料/要事前申込/定員250名[先着順])
第34回人文機構シンポジウム 国際シンポジウム「市民とともに地域を学ぶ―日本と台湾にみる地域文化の活用術」
アイコン
MMPワークショップ「点字体験ワークショップ」
  • 日時:2018年11月10日(土)12:00~15:30
  • 場所:国立民族学博物館 エントランスホール(本館1F)
  • 参加無料/申込不要(当日受付)
MMPワークショップ「点字体験ワークショップ」
アイコン
日本・エクアドル外交関係樹立100周年記念国際シンポジウム 「2016エクアドル地震」による被災文化財支援を考える
  • 日時:2018年11月11日(日)11:00 - 16:50(開場10:30)
  • 場所:東京国立博物館 平成館 大講堂
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員200名)
日本・エクアドル外交関係樹立100周年記念国際シンポジウム 「2016エクアドル地震」による被災文化財支援を考える
アイコン
ヒンドゥー教の「新年」?
  • 日時:2018年11月11日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
  • 話者:三尾稔(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
ヒンドゥー教の「新年」?
アイコン
韓国の若者層がみた現代韓国―生きづらさを個人レベルでどうするか
  • 日時:2018年11月17日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 セミナー室(本館2階)ほか
       ※メイン会場が満席の場合は館内の他会場(中継)をご案内します。
  • 講師:太田心平(国立民族学博物館准教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順])
    ※参加券を12:30からインフォメーション前(本館1階)にて配布します。
韓国の若者層がみた現代韓国―生きづらさを個人レベルでどうするか
アイコン
北大阪ミュージアムメッセ
  • 開催日:2018年11月17日(土)~11月18日(日)
  • 場所:国立民族学博物館 エントランスホール(本館1F)、特別展示館休憩所(BF)
  • 参加無料/申込不要
北大阪ミュージアムメッセ
アイコン
映画が拓く新たなバリアフリーの世界
  • 日 時:2018年11月24日(土)13:30~16:30(開場13:00)
  • 場 所:ホテル阪急エキスポパーク多目的ホール(オービットホール)
        ※館外での開催となります。ご注意ください。
  • 参加無料/申込不要(先着順)
映画が拓く新たなバリアフリーの世界
アイコン
市民参加型ワークショップ「現代に活かす伝統の手わざ」から考えるインダストリアルデザイン
  • 日時:2018年11月25日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 特別展示館(1階「現在に活かす工芸」コーナー)
  • 話者:日高真吾(国立民族学博物館准教授)
       小谷竜介(東北歴史博物館)
  • 参加無料(要特別展示観覧券)/申込不要/定員なし
市民参加型ワークショップ「現代に活かす伝統の手わざ」から考えるインダストリアルデザイン
アイコン
国際シンポジウム「世界の捕鯨と捕鯨問題」
  • 日 時:2018年11月30日(金)~12月2日(日)
  • 場 所:国立民族学博物館 第4セミナー室
  • 一般公開(参加無料/申込不要)
国際シンポジウム「世界の捕鯨と捕鯨問題」
アイコン
ボリビア・アマゾンの旅
  • 日時:2018年12月2日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 第7セミナー室(本館2F)
  • 話者:齋藤晃(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料/申込不要/定員なし
ボリビア・アマゾンの旅
アイコン
声の力―新聞連載を通じて考えたこと
  • 日時:2018年12月9日(日) 14:30~15:15
  • 場所:国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2F)
  • 話者:広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
  • 参加無料/申込不要/定員なし
声の力―新聞連載を通じて考えたこと
アイコン
毛沢東バッジの過去と現在
  • 日時:2018年12月15日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 特別展示館
  • 講師:韓敏(国立民族学博物館教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順])
    ※参加券を12:30からインフォメーション前(本館1階)にて配布します。
毛沢東バッジの過去と現在