国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

催し物のご案内

みんぱくでは、世界の諸民族についての理解と認識を深めてもらうために、研究成果を社会一般に向けて親しみやすく公開するみんぱくゼミナールや研究公演を実施しています。参加は無料ですが、自然文化園(有料区域)を通行される場合は入園料が必要です。公園東口駅からは無料で来館することができます。

アイコン
展示イベント「ハチュカル――アルメニアの十字架石碑をめぐる物語」
  • 日時:2016年9月29日(木)~2016年10月11日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
展示イベント「ハチュカル――アルメニアの十字架石碑をめぐる物語」
アイコン
ベトナムの民族観光―マイチャウの白タイ族村落
  • 日時:2016年10月2日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:樫永真佐夫(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
ベトナムの民族観光―マイチャウの白タイ族村落
アイコン
魅せるモノ・魅せられるモノ―見世物のおもしろさを巡って
  • 日時:2016年10月9日(日) 14:30~15:00
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:笹原亮二(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
魅せるモノ・魅せられるモノ―見世物のおもしろさを巡って
アイコン
ハチュカル―拓本づくりでまなぶアルメニア十字架
  • 開催日:2016年10月9日(日)
  • 開催時間:11:00~12:00(10:50集合)/13:30~14:30(13:20集合)
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)など
  • 参加無料(※要展示観覧券)/要事前申込(先着順)/定員各回8名
    ※6歳未満の方は保護者同伴でご参加ください。
ハチュカル―拓本づくりでまなぶアルメニア十字架
アイコン
言葉から文化を考える―「アラブ的思考様式」再考
  • 日時:2016年10月15日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:西尾哲夫(国立民族学博物館教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
言葉から文化を考える―「アラブ的思考様式」再考
アイコン
人間にとってカフェとは何か
  • 日時:2016年10月16日(日) 14:30~15:15
  • 場所:国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)
  • 話者:太田心平(国立民族学博物館准教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
人間にとってカフェとは何か
アイコン
南米アンデス文明「ヘビ・ジャガー神官の墓」の発見
  • 日時:2016年10月23日(日) 14:30~15:15
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
  • 話者:関雄二(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
南米アンデス文明「ヘビ・ジャガー神官の墓」の発見
アイコン
食からみる中国文化および世界とのつながり
  • 日時:2016年10月30日(日) 14:30~15:15
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(中国地域の文化展示場)
  • 話者:韓敏(国立民族学博物館教授)
  • 参加無料(要展示観覧券)/申込不要/定員なし
食からみる中国文化および世界とのつながり
アイコン
博物館の中の古代アメリカ文明
  • 日時:2016年11月19日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:鈴木紀(国立民族学博物館准教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
博物館の中の古代アメリカ文明
アイコン
アイヌ語はどこから来たのか。そして、どこへ行くのか。
  • 日時:2016年12月17日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:中川裕(千葉大学 教授)、齋藤玲子(国立民族学博物館准教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
アイヌ語はどこから来たのか。そして、どこへ行くのか。
アイコン
アイヌ文化と観光
  • 日時:2017年1月21日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:齋藤玲子(国立民族学博物館准教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
アイヌ文化と観光
アイコン
津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録
  • 日時:2017年2月18日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:竹沢尚一郎(国立民族学博物館教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録
アイコン
人間にとってビーズとは何か?―特別展「ビーズ(仮)」から
  • 日時:2017年3月18日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:池谷和信(国立民族学博物館教授)
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員450名)
人間にとってビーズとは何か?―特別展「ビーズ(仮)」から