国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2016年9月29日(木)~10月11日(火)
展示イベント「ハチュカル――アルメニアの十字架石碑をめぐる物語」

エレヴァンのハチュカル(ゲヴォルグ・オルベリアン 撮影)

アルメニアはキリスト教を世界で初めて国教化したといわれる歴史的地域であるが、かずかずの苦難を経験してきた。その歴史的経験のなかで民族集団の精神的支柱となってきたのがアルメニア使徒教会であり、それを象徴するのがハチュカル(アルメニア石十字架)である。本展示は、客員准教授ゲヴォルグ・オルベリアンが持参したハチュカルを展示の中心として、写真パネルと解説パネルによってアルメニアの歴史と文化を紹介する。

  • 日時:2016年9月29日(木)~2016年10月11日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 観覧料:詳細はこちら
 
アララト山(新免光比呂 撮影)
アララト山(新免光比呂 撮影)
 

関連イベント

ワークショップ「ハチュカル――拓本づくりでまなぶアルメニア十字架 」
  • 日時:2016年10月9日(日)11:00~12:00(11:50集合)/13:30~14:30(13:20集合)
  • 場所:国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)など
  • 参加無料(※要展示観覧券)/要事前申込(先着順)/定員各回8名
    ※6歳未満の方は保護者同伴でご参加ください。
    ※定員に達しましたので、申込受付は終了いたしました。
  • 講師:ゲヴォルグ・オルベリアン(外国人研究員准教授)、新免光比呂(民族文化研究部准教授)
  • 対象:子どもから大人まで

詳しくはこちら