国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱく映画会

上映される機会の少ない文化人類学・民族学に関する貴重な映像資料などを、研究者の解説を交えて上映しています。

  • 場 所:国立民族学博物館 講堂
  • 定 員:450名(先着順・申込不要)
  • 参加費:無料 ※ただし、展示観覧券が必要です。
  • お問い合わせ:国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)

開催予定スケジュール

2018年2月10日(土)
テレビジョン

国立民族学博物館では2009年度から、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施しています。9年目の今期は<人類の未来>をキーワードに、映画上映を展開しています。今回はバングラデシュ映画「テレビジョン」を上映します。厳格なイスラームを遵守するバングラデシュの小さな村の騒動を通して、宗教と現代文明のあり方を見ていきたいと思います。


チラシダウンロード[PDF:2.49MB]

2018年2月11日(日)
渡り鳥と人とのかかわり―北東アジアから考える―

人間文化研究機構北東アジア地域研究推進事業国立民族学博物館拠点関連

日本を含めた北東アジア地域は、国境を前提としての政治や経済の問題について話題になることが多いのが現状です。
そこで今回は「渡り鳥」に注目し、映画上映、講演、討論をおこなうことで日本を含めた隣接地域における新しいつながりのあり方、鳥と人のかかわり方の現在を紹介します。
そして鳥そのものがかかえる問題と同時に、鳥にかかわる各地域の文化の問題、人間と鳥との共存の形について考えます。

  • 開催日:2018年2月11日(日)
  • 時間:13:00~16:30(開場12:30)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 定員:450名(当日先着順/事前申込不要)
  • 要展示観覧券(一般 420円)
    ※入場整理券を当日11:00から講堂前(本館2F)にて配布いたします。
  • 主催:国立民族学博物館

チラシダウンロード[PDF:2.4MB]

2018年3月10日(土)
ディーパンの闘い

国立民族学博物館では2009年度から、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施しています。9年目の今期は<人類の未来>をキーワードに、映画上映を展開しています。今回はフランス映画「ディーパンの闘い」を上映します。戦火のスリランカから逃れ、フランスで新しい生活を始めた“偽装家族”を通して、難民の状況について考えたいと思います。


チラシダウンロード[PDF:2.49MB]