国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱく映画会

2000年9月17日(日)
フランス・パリ人類博物館民族誌映画祭特集上映会「チベットの塩商人」「ベーグル パン屋の一日」「ストラット」

特別展「進化する映像―影絵からマルチメディアへの民族学」関連


  • 2000年9月15日(金)~9月17日(日)
  • 解 説:フランソワーズ・フコー(フランス人類博物館民族誌映画委員会主任)
  • 司 会:大森康宏(国立民族学博物館教授)

フランス映画の歴史に残るシネマ・ヴェリテの騎手であるジャン・ルージュが1960年代民族誌映画協会を創立した。その後1980年になると映画大会を開催し、若手の映像作家の育成につとめている。過去開催された19回の映画大会参加作品の中から、創意ある作品を上映。

 

9月17日(日) 13:00~17:00(12:30開場)

〈チベットの塩商人〉1997年/チベット(中国)/110分
THE SALTMEN OF TIBET / Ulrike Koch
チベット北部の遊牧民のSalt Lakes(塩の湖)への伝統的なキャラバン。100頭以上のヤクを使って彼らにとっての「白い金」を故郷に持ち帰る。伝統を守りながらもテクノロジーの発達に迫られてゆく。

〈ベーグル パン屋の一日〉1992年/ロンドン(イギリス)/9分40秒
BEIGELS ALREADY / Debbie Shutter
ロンドン・イーストエンドにあるベーグル(パンの一種)店の24時間。民族、階級にまたがるベーグル嗜好、ロンドンの国際性を示した良い例。

〈ストラット〉1985年/イル・ド・フランス地方(フランス)/20分
STOLAT / Bike JOHNSTONE, Martin MADEN, Pengau NENGO
パプアニューギニアの映画学生達が80歳のポーランド人男性を通し現代社会に暮らすフランスの老年層を描く。