国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2017年1月11日(水)
【館外イベント@グランフロント大阪】連続講座みんぱく×ナレッジキャピタル第5回「展示キュレーションの誘惑―新しい中央・北アジア展示ができるまで」

ナレッジキャピタル超学校シリーズ
連続講座「みんぱく×ナレッジキャピタル 展示キュレーションの誘惑 ――新しいみんぱくの展示ができるまで」


中央・北アジア展示

  • 日時:2017年1月11日(水)19:00~20:30(開場18:30)
  • 場所:グランフロント大阪北館1F「カフェラボ」アクセスマップ
  • 定員:各回50名 中学生以上/要事前申込/先着順
  • 参加費:500円(1ドリンク代)
  • 主催:国立民族学博物館、一般社団法人ナレッジキャピタル
  • お問い合わせ:一般社団法人ナレッジキャピタル 

    電話:06-6372-6530(営業時間10:00~17:00)
    e-mail:info@kc-i.jp

  • お申し込みはこちら ナレッジキャピタルの応募フォームへ
第5回 2017年1月11日(水)「展示キュレーションの誘惑―新しい中央・北アジア展示ができるまで」
            講師:藤本透子[国立民族学博物館・准教授]

第5回は、中央・北アジア展示について、お話しします。

[img]

《講師プロフィール》
専門は、文化人類学、中央アジア地域研究。著書に『よみがえる死者儀礼』(風響社)、『カザフの子育て』(風響社ブックレット)、編著に『現代アジアの宗教』(春風社)、共編著に『カザフスタンを知るための60章』(明石書店)などがある。