国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

連続講座「みんぱく×ナレッジキャピタル」

2019年9月23日(月・祝)
連続講座「みんぱく×ナレッジキャピタル 想像界の奥へ」第1回 公開座談会「自然界から想像/創造する~Creature Creators’ Symposium」

特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」関連


チラシダウンロード[PDF:2.1MB]

人類は、この世のキワにいるかもしれない不思議な生きものを、自然界の観察にもとづいて思い描いてきました。漫画家、ゲームクリエイター、水族館館長、比較文学者という異色の顔ぶれがそろうこの座談会では、人が自然との関わりにおいて想像してきたクリーチャー像を振り返りつつ、想像界の幻獣が仮想世界の現実となり、人と機械が一体化し、遺伝子操作で合成生物が生まれゆくこれからの時代に、人間の想像/創造力がどこに向かうのかを展望します。

  • 日 時:2019年9月23日(月・祝)
        13:30~16:30(受付開始13:00)
  • 場 所:ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4階)
    ※館外での開催となります。ご注意ください。
  • 定 員:360名
  • 参加費:無料/要事前申込/先着順
    ※申込期間:8月1日(木)10:00 ~ 8月30日(金)17:00
    ※期間にかかわらず定員に達し次第締め切ります。
  • 主 催:国立民族学博物館、一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO
 

登壇者プロフィール

五十嵐大介(漫画家)

おもな作品は「魔女」(第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)、「リトル・フォレスト」(日本と韓国で実写映画化)、「海獣の子供」(第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2019年夏アニメーション映画が公開)など。絵本『人魚のうたがきこえる』の他に、本の挿画や装画なども多数手がける。

 
長谷川朋広(ゲームクリエイター)

クリーチャーデザインを中心に、ゲームのアートワークを手がける。株式会社スクウェア・エニックスを経て現在、株式会社JP GAMESに所属。代表作「ファイナルファンタジーXV」アートディレクターを務め、モンスター・召喚獣・生き物をデザイン。

 
西田清徳(海遊館館長)

北海道大学大学院水産学研究科修了、水産学博士。魚類学、板鰓類(サメ・エイ)の系統分類学が専門。1989年から「海遊館」建設計画に携わり、沖縄県からジンベエザメの長距離輸送を成功させた。2007年より館長を務める。分担執筆に『日本動物大百科』『研究する水族館』『日本の水族館』『以布利 黒潮の魚』など多数。

 
山中由里子(国立民族学博物館教授)

東京大学東洋文化研究所助手を経て、1998年より国立民族学博物館。学術博士(比較文学比較文化)。主著に『〈驚異〉の文化史―中東とヨーロッパを中心に』、『アレクサンドロス変相―古代から中世イスラームへ』など。国立民族学博物館にて2019年8月29日〜11月26日に開催する特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」の実行委員長。

 

申込方法

申込フォームまたは往復ハガキにてご応募ください。
 ※申込期間:8月1日(木)10:00 ~ 8月30日(金)17:00
 ※1通につき2名お申し込みいただけます。
 ※期間にかかわらず定員に達し次第締め切ります。
 ※手話通訳が必要な方は申込み時にその旨記載してください。

◇ 申込フォーム

8月1日(木)10:00から受付開始

参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。

申込フォームはこちら

◇ 往復ハガキ
[img]

8月1日(木)到着分から受付開始

下記内容をご記入の上、ご応募ください。

◆往信面
 1.参加者氏名(ふりがな)
   ※本人含め2名まで
 2.住所(申込代表者)
 3.年齢(2名分)
 4.電話番号(申込代表者)
 5.9月23日 公開座談会
◆返信面
 申込代表者の住所・氏名
応募先
 〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
 国立民族学博物館内 千里文化財団

 
ご確認ください
  • 消えるボールペンなどは使用しないでください。返信内容の印刷時にご記入いただいた内容が消えてしまうおそれがあります。
  • ご応募いただいた方には、本館より返信いたします。
  • ご応募いただいた方の個人情報は本公開座談会にのみ使用いたします。
 

地図

ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4階)ホームページはこちら

ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4階)

 

連続講座「みんぱく×ナレッジキャピタル 想像界の奥へ」

【連続講座概要】

なぜ人類は、この世のキワにいるかもしれない不思議な生きものを思い描き、形にしてきたのか?国立民族学博物館では、8月29日から11月26日まで、奇妙で怪しい、不気味だけどかわいい、世界の霊獣・幻獣・怪獣が大集合する特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」を開催します。現代のアーティスト・漫画家・ゲームデザイナーたちによるクリーチャー制作も紹介し、妖怪やモンスターの源泉にある想像と創造の力を探ります。本特別展関連の連続講座では、クリエーターと研究者の座談会、カフェ・ラボでの対談、特別展見学など様々なイベントを展開します。

第1回 公開座談会
自然界から想像/創造する~Creature Creators’ Symposium

開催日時:2019年9月23日(月・祝)13:30~16:30(受付開始13:00)
場所:ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4階)
参加費:無料/要事前申込(定員360名)
司会:山中由里子(国立民族学博物館教授)
登壇者:五十嵐大介(漫画家)、長谷川朋広(ゲームクリエイター)、西田清徳(海遊館館長)

第2回 カフェ・ラボ対談
常ならざる音―見えないものを展示する

開催日時:2019年10月8日(火)19:00~20:30(受付開始18:30)[予定]
場所:CAFE Lab.(グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル1F)
参加費:ドリンク代500円/要事前申込(定員50名・中学生以上)
登壇者:辻邦浩(国立民族学博物館特別客員教授)、山中由里子(国立民族学博物館教授)

第3回 みんぱく特別展示ツアー
特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」見学ツアー

開催日時:2019年10月20日(日)11:00~12:30(受付開始10:30)
場所:国立民族学博物館
参加費:特別展示観覧券(団体料金)/要事前申込(定員30名・中学生以上)
講師:山中由里子(国立民族学博物館教授)

 

お問い合わせ先

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
FAX:06-6878-8242