国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2007年5月6日(日)
韓国の時節食 端午節によせて


節目ごとの料理について紹介

○ 話題
「時節食」には時の節目に作られる「チョルシク(節食)」と季節の旬の素材を利用して作った「シシク(時食)」があります。韓国では昔からソルナル(旧正月)やチュソク(秋夕)など一年の節目ごとに特徴のある様々な料理を楽しみ、四季折々の旬の食材を生かして季節感あふれる料理をつくってきました。旧正月には餅の入ったトックク (雑煮)を食べて無病息災と開運招福を祈り、秋夕には秋の収穫を先祖に感謝しながら新米や初物の野菜、果物でご馳走をつくり収穫の喜びを分かち合いました。

○ 話者
韓福眞(外国人客員教授・全州大学校教授)

○ 場所
本館展示場(展示場内休憩所)