国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2007年5月26日(土)
イオマンテ―アイヌの世界観


東アジア・アイヌの文化展示「アイヌの祭壇(ヌササン)」の前にて

○ 話題
北海道は今年5月、イオマンテを野蛮な行為として禁止した1955年の通達を廃止しました。そのことが報じられるや、抗議の電話などが殺到したといいま す。イオマンテは人間世界(アイヌモシリ)に遊びに来られた神(カムイ)を神の国(カムイモシリ)にお返し申し上げる宗教儀礼で、アイヌでは最大、最高の行事であり、敬虔に遂行されるものです。この行事を紹介しつつ、異なる民族の宗教行事に介入しようとする傲慢さについてもふれながらお話しました。

○ 話者
佐々木利和(先端人類科学研究部教授)

○ 場所
本館展示場(東アジア展示〈アイヌの文化〉)