国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2007年6月23日(土)
韓国の老人問題


熱心な質問に答えて

※当初予定していた「インド 魅惑のサリー」(話者: 杉本良男教授)は、都合により来年3月30日(土)に変更しました。

○ 話題
韓国は儒教的な倫理意識の強い社会として知られています。しかし急速な産業化や都市化がすすみ、伝統的な家族制度と住居様式が早い速度で変化しています。 一方、高齢化とともに老人人口の割合はどんどん増加しています。韓国の老人の生活がどのように変化し、どんな問題をもっているかをお話しました。

○ 話者
劉明基(外国人客員教授・慶北大学校教授)

○ 場所
本館展示場(展示場内休憩所)