国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2007年9月9日(日)
世界のことば ことばの世界


言語展示の壁面パネル

○ 話題
ことばの数は6000ともいわれます。その違いは、主に系統や構造、文字の有無などによるものです。しかし、情報伝達・自己表現・思考手段といった機能は同じです。そのほか、意味のもたない単音によって単語が作られ、その単語がさらに無数の文を作るなど構造上の共通点もすくなくありません。そのようなことばの本質について考えました。

○ 話者
庄司博史(民族社会研究部教授)

○ 場所
本館展示場(言語展示)