国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2007年11月24日(土)
ラオスの出家僧―私の体験から

開館30周年記念企画展「世界を集める―研究者の選んだみんぱくコレクション」関連


企画展に展示しているラオスの僧衣

○ 話題
ラオスではいまでも多くのふつうの男性が出家し、一時的に厳しい修行生活を送っています。企画展「世界を集める」では、ラオス仏教僧の僧衣とたくはつ用の鉢、その他の生活用具を展示しています。これらの使いかたとその意味について考えました。

○ 話者
平井京之介(民族文化研究部准教授)

○ 場所
本館展示場(企画展示)