国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2008年2月24日(日)
物を贈り、社会を結びつける


ベーテル・ナッツとキンマの実を贈ろうとしているマンドッグ島の人

○ 話題
オセアニア社会では、石貨や貝貨、樹皮布などが贈り物として人の手をわたり、くらしを支えています。そしてその仕組みをとおして、人びとは通婚し帰属意識を維持したりしています。経済の効率性追求とは異なる、贈り物交換活動のもつ複合的な意味を問いかけました。

○ 話者
小林繁樹(文化資源研究センター教授)

○ 場所
本館展示場(オセアニア展示)