国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2008年3月22日(土)
ことばと歴史のビミョーな関係


ミクロネシアの言語には先史におけるウコンの交易ルートが反映されている。

○ 話題
毎日の暮らしの中で少しずつ変わり続けることば。その変化はある面では歴史を反映し、ある面では人間社会の営みとは独立して起こります。オセアニアで話される言語を例に、言葉と歴史の関係にせまります。

○ 話者
菊澤律子(先端人類科学研究部准教授)

○ 場所
本館展示場(2F展示場入口)