国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2008年5月24日(日)
高床式住居の暮らし―その過去・現状・未来

特別展「深奥的中国―少数民族の暮らしと工芸」関連 / 開催日変更→土曜日


観光地の旅館

○ 話題
高床式住居はチワン族に伝統的であり、そのことは歴史文献にも見えます。まず現在の高床式住居でのチワン族の人々の日常の暮らしを写真を中心に紹介します。また、現在、この住居は急速に減少していますが、他方で、観光地では景観保護のため政府が保護しています。この現象を写真で紹介し、高床式住居の未来を考えます。

○ 話者
塚田誠之(先端人類科学研究部教授)

○ 場所
特別展示場