国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2018年7月1日(日)
北アメリカ先住民イヌピアットとイヌイットによる捕鯨

クジラを追うハンター

アラスカ先住民イヌピアットとカナダ先住民イヌイットは、現在でもホッキョククジラを捕獲し、食料としています。温暖化や動物愛護運動の影響で存続の危機に直面している彼らの捕鯨活動の現状について紹介します。

○ 話者
岸上伸啓(国立民族学博物館教授)

○ 場所
国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)

○ 日時
2018年7月1日(日) 14:30~15:30

○ 定員
なし(ご自由に参加いただけます。)

○ 参加費
無料(ただし、展示観覧券が必要です。)

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)