国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2017年4月15日(土)
エジプトでイスラーム思想のテクストを読む

エジプト人思想家
アブドゥルハリーム・マフムード(1910-78)

思想研究の主たるアプローチはテクスト分析ですが、著者の手を離れた後、テクストの意味は誰のモノになるのでしょうか。エジプトの事例より思想研究への人類学的アプローチを検討します。

○ 講師
相島葉月(国立民族学博物館准教授)

○ 場所
国立民族学博物館 講堂

○ 日時
2017年4月15日(土) 13:30~15:00(13:00開場)

○ 定員
450名[先着順/申込不要]

○ 参加費
無料

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)