国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2019年5月18日(土)
文化遺産の持続的な活用をめざして―南米ペルー北高地パコパンパ遺跡での試み

パコパンパ遺跡の保存作業に携わる地域住民

南米アンデス文明初期の巨大な神殿遺跡パコパンパの調査は、13年にもおよびます。現在、住民とともに実施している、文化遺産の持続的活用を目指す活動を紹介します。

 

○ 講師
関雄二(国立民族学博物館教授)

○ 場所
国立民族学博物館 セミナー室(本館2階)
※メイン会場が満席の場合は中継会場をご案内します。

○ 日時
2019年5月18日(土) 13:30~15:00(13:00開場)

○ 参加費
無料
※参加券を12:30からインフォメーション前(本館1階)にて配布します。

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)