国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2019年8月17日(土)
文化人類学者・片倉もとこの見たサウジアラビア

企画展「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年 ―『みられる私』より『みる私』」関連


布を巻きあげて着る
未婚女性の外出用衣装スマーダ

片倉もとこ(本館名誉教授、1937~2013)がサウジアラビア、ワーディ・ファーティマで撮影した写真や収集した民具などの調査資料を活かしつつ、半世紀後に実施した最新の現地調査成果を紹介します。

 

○ 講師
菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
片倉邦雄(片倉もとこ記念沙漠文化財団評議員会議長、元駐UAE・駐イラク・駐エジプト大使)
藤本悠子(片倉もとこ記念沙漠文化財団事務局主事)

 

○ 場所
国立民族学博物館 セミナー室(本館2階)
※メイン会場が満席の場合は中継会場をご案内します。

○ 日時
2019年8月17日(土) 13:30~15:00(13:00開場)

○ 参加費
無料
※参加券を12:30からインフォメーション前(本館1階)にて配布します。

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)