国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2020年5月16日(土)
梅棹忠夫に学んだ知的生産の技術

梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」 関連


1969年、京都大学の研究室で仕事をする梅棹忠夫(写真提供 梅棹淳子)

梅棹忠夫は、調査で得た資料を整理して論文にするだけでなく、関連資料をアーカイブズとして残しています。資料の収集から公開までの研究サイクルを、新技術も用いて実現するようすをお話しします。

 

○ 講師
飯田卓(国立民族学博物館教授)
丸川雄三(国立民族学博物館准教授)
小長谷有紀(国立民族学博物館客員教授)

○ 場所
国立民族学博物館 講堂

○ 日時
2020年5月16日(土)13:30~15:00(13:00開場)

○ 定員
450名[先着順/申込不要]

○ 参加費
無料

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
※手話通訳を希望される方は、4月20日(月)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
E-mail:hjigyo★minpaku.ac.jp(★を@に置き換えて送信ください)
FAX:06-6878-8242