国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究公演

2017年8月7日(月)
エチオピア高原の楽師アズマリの音楽とその世界的展開

チラシダウンロード[PDF:988KB]

アズマリは、エチオピア北部の地域社会の人びとの祝祭儀礼や娯楽の場において歌うことをなりわいとしてきた音楽職能者の集団です。近年は、アズマリのなかから、エチオピアのポピュラー音楽界や、いわゆる”ワールドミュージック“の舞台で活躍するスター歌手も出てきました。地域社会の職能者として活動してきたアズマリが、アーティストとして自己を読み替え、音楽を通した新たな表現のありかたを模索しつつあるといえます。

本公演では、エチオピア、ゴンダールのアズマリ一家の出身で、エチオピア国内外で活躍する音楽家デレブ・デッサレイ氏を招き、本人による歌の実演や、映像を紹介しつつ、レクチャーを行い、アズマリ音楽の社会的役割とその変遷について学びます。

  • 日 時:2017年8月7日(月)
        13:30~16:30(開場13:00)
  • 場 所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 参加費:要展示観覧券(要事前申込/先着順)
  • 定 員:80名
  • 申込方法:申込フォームまたは往復はがきによる事前申込制
    申込期間:6月30日(金)受付開始、7月28日(金)必着
     ※先着順での受付となります。
     ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
  • 主 催:国立民族学博物館
  • 後 援:一般社団法人エチオピア・アートクラブ
  • 出 演:デレブ・デッサレイ
  • 司会・解説:川瀬慈(国立民族学博物館准教授)
 

プログラム(予定)13:30~16:30(開場13:00)

○ 挨拶

○ レクチャー「アズマリの音楽職能の歴史的変遷」 川瀬慈(国立民族学博物館准教授)

○ 歌のデモンストレーション デレブ・デッサレイ

○ 休憩

○ 対談「職能者からアーティストへ」デレブ・デッサレイ、川瀬慈(国立民族学博物館准教授)

出演

デレブ・デッサレイ | Dereb Desalegn

1977年エチオピア、ゴンダール出身。代々音楽職能をなりわいにするアズマリの家系に生まれる。幼少期よりゴンダールやアジスアベバで音楽活動に従事する。2003年にシングル曲『Banchew Megene』がエチオピア国内で大ヒットし、アズマリのスター歌手として、知られるようになった。近年はオーストラリアに移住し、ロック、ジャズ、ファンクなどを大胆に取り入れた『Drums and Lion』や『Dereb,the Ambassador』等のアルバムを発表。ワールドミュージックの祭典への出演を重ねる。デレブの近年の国際的かつ創造的な音楽活動は、地域社会の音楽職能者としてのアズマリのイメージを大きく変えつつある。

 

申込方法

申込フォームまたは往復はがきに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。(本人を含め2名まで)
 ※先着順での受付となります。
 ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
 ※参加申込された方の個人情報は、研究公演にのみ使用いたします。

〈 申込フォーム 〉2017年6月30日(月)10:00受付開始|7月28日(金)17:00受付終了

〈 往復はがき 〉2017年6月30日(月)着分より受付開始|7月28日(金)必着

往復はがきに

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 住所(返信用宛名面にも)
  3. 年齢(任意)
  4. 電話番号
  5. 参加希望人数(本人を含め2名まで)
  6. 「国立民族学博物館友の会」会員番号(会員の方のみ)
  7. 8月7日研究公演

を明記の上、下記までお申し込みください。
※消しゴムで消えるボールペンや、鉛筆のご使用はお控えください。

宛先
〒565-8511
大阪府吹田市千里万博公園10番1号
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
 

お問い合わせ先

国立民族学博物館 企画課
TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
FAX:06-6878-8242