国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究公演

2020年3月20日(金・祝)
絆――人をつなぐ太鼓

チラシダウンロード[PDF:6.1MB]

複数の打ち手が振りをつけながら太鼓を打つ和太鼓の演奏スタイルは戦後間もない1950年代に生まれました。1970年代以降急激に人気を博し、今では日本を代表する音楽ジャンルの一つとして定着しています。本公演で演奏する「和太鼓 絆」は、人権意識を高めることや反差別を活動の目的としている点で、国内で活動する数千ものグループの中で異彩を放っています。異なる背景をもつ人びとが、違いを違いとして認め合い、楽しみながら学び合う社会を作るために、太鼓は何ができるのでしょうか。太鼓の響きや打ち手の姿が伝える何かを全身で体験してみてください。

  • 日 時:2020年3月20日(金・祝)
        14:00~16:30(開場 13:20)
  • 場 所:国立民族学博物館 講堂
  • 主 催:国立民族学博物館
  • 参加無料(要展示観覧券)/要事前申込/定員450名
 

プログラム

13:20 ~ 開場
14:00 ~ 16:30 公演
出演 | 和太鼓 絆

大阪府下の被差別部落に本拠をおく太鼓集団6チーム(怒、疾風、鼓吹、魁、獅子、蛍)のメンバーから構成される合同ユニット。2014年の結成以来、太鼓の演奏をとおして「人権、反差別、平和」を訴えることを目的として、国内はもとより海外にも活動の場を広げている。2015年には第11回イギリス太鼓祭りに招聘され絶賛を浴びた。

カンバラチェ

 
司会 | 寺田吉孝(国立民族学博物館教授)

民族音楽学者。アジア地域を主なフィールドとして、周縁化された人びとの音楽実践について研究している。

 
 

申込方法

  • 申込フォームまたは往復ハガキにてご応募ください。
  • 1通につき2名までお申し込みいただけます。
  • 応募多数の場合は抽選となり、締切日以降、順次返信いたします。
  • 定員に達しない場合は、受付期間を延長します。
  • 解説時に手話通訳が必要な方は2月26日(水)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
◇ 申込フォーム

1月27日(月)10:00 から申込フォーム画面を公開いたします。

2月28日(金)17:00 受付終了

参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。

◇ 往復ハガキ

2月28日(金)必着

下記内容をご記入の上、ご応募ください。

◆往信面
1.氏名(ふりがな)
2.住所(返信用宛名面にも)
3.電話番号
4.参加希望人数(本人を含め2名まで)
5.「国立民族学博物館友の会」会員番号(会員の方のみ)
「3月20日研究公演」と記入
◆返信面
申込者の住所・氏名
往復ハガキ応募先
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10番1号
国立民族学博物館 企画課博物館事業係
 
ご確認ください
  • 消しゴムで消えるボールペンや、鉛筆のご使用はお控えください。返信内容の印刷時にご記入いただいた内容が消えてしまうおそれがあります。
  • ご応募いただいた方には、本館より返信いたします。
  • 申込フォームでお申込の場合、受付完了の自動送信メールをお送りします。しばらくたってもメールが届かない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。
  • ご応募いただいた方の個人情報は、研究公演にのみ使用いたします。
 

お問い合わせ先

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
FAX:06-6878-8242
E-mail:hjigyo●minpaku.ac.jp(●を@に置き換えてください)