国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究公演

2002年9月1日(日)
アフガニスタンの音楽

  • 2002年9月1日(日)
    14:00 開演
  • 演奏:アミール・ジャン
       サーマン・グル
       ザル・ワリ
       ショカット・ワリ
       アイマール
  • 解説:水野信男(国立民族学博物館客員教授)

「民族の十字路」として知られるアフガニスタンは、もともと豊かな音楽的伝統を持ち、人びとの生活に音楽は欠かせないものでした。しかし、戦乱により、多くの音楽家が難民として国を離れざるをえませんでした。
今回、4名の音楽家をひきいて来日するアミール・ジャンさんも、23年前に祖国をあとにして、パキスタンのペシャワールで音楽活動を続けてきました。現在は、次代をになう若い音楽家の育成にも力をそそいでいます。
祖国アフガニスタンにおける伝統音楽の再生をねがうアミール・ジャンさんたちの楽器演奏と歌をおたのしみください。



演奏者プロフィール
●アミール・ジャン
1947年、アフガニスタン西部ジェンダンに生まれる。12才のころから「アフガニスタン音楽の王」といわれたサラハーンに師事し、ヘラート、カブール、マザリシャリフなどで音楽活動を続ける。1979年、戦乱を避けアフガニスタンを出国し、以来難民としてパキスタンの各地を転々とした。1984年からペシャワールに在住し、音楽活動を続けている。
●サーマン・グル
1971年、アフガニスタン東部ジャララバードの音楽一家に生まれる。1990年にペシャワールに逃れた。
●ザル・ワリ ショカット・ワリ
兄ザルは1981年、弟ショカットは1982年、アフガニスタン東部ナンガハルに生まれる。1984年に、著名な歌手である父とともにペシャワールに逃れた。
●アイマール
1980年、ナンガハル生まれ、1998年にペシャワールに逃れた。