国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2016年8月1日(月)~8月30日(火)
夏休み みんぱく観覧無料

みんぱくでは、8月1日(月)から8月30日(火)まで、夏の観覧無料キャンペーンを今年も実施します。期間中、対象の方は本館展示場を無料でご観覧いただけます。新しくなった中央・北アジア展示場や8月4日(木)から開催の、企画展「順益台湾原住民博物館所蔵・学生創作ポスター展 台湾原住民族をめぐるイメージ」もご覧いただけます。

  • 無料期間:2016年8月1日(月)~8月30日(火)
  • 対象:高校生以下と65歳以上の方

※大阪モノレール「万博記念公園駅」から自然文化園を通行される場合は、別途公園入園料(大人250円、小中学生70円)が必要です。
自然文化園(有料区域)の通行についてはこちら

 

無料期間中のイベント

展示場クイズ「みんぱQ」中央・北アジア編

新しくなった中央・北アジア展示に関するクイズです。楽しみながら展示場を回ってみましょう。
7月21日(木)~8月23日(火)
※7月21日~7月31日はキャンペーン期間外となります。

みんぱくゼミナール

鵜飼のカワウはなぜ飛んで逃げないのか。どのような魚が獲れるのか。鵜飼にかかわるさまざまな疑問を切り口に、中国と日本の自然環境や食文化の違い、そして鵜飼研究の魅力について説明します。
8月20日(土)飛ばねぇカワウは、ただのカワウだ―鵜飼研究の魅力を語る
時間:13:30~15:00
場所:国立民族学博物館 講堂

詳細はこちら

みんぱくウィークエンド・サロン―研究者と話そう

みんぱくの研究者が展示場に登場し、現在取り組んでいる研究や地域、展示資料についてお話しします。
8月7日(日)「無視覚流」の極意を求めて―ユニバーサル・ミュージアムの新展開
8月14日(日)デジタル時代の原住民イメージ
8月21日(日)訪ねてみよう、手話の世界!
8月28日(日)イタリア人と食
時間:14:30~15:30
場所:国立民族学博物館 本館展示場

詳細はこちら