国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2009年8月22日(土)~8月30日(日)
夏休みキッズみんぱく Canadian Spirit

夏休みキッズみんぱく Canadian Spirit

  • 日 時:2009年8月22日~8月30日(9日間) 11:00~19:00(8月30日のみ15:00終了)
  • 場 所:関西テレビ・アトリウム・関西テレビ・なんでもアリーナ(扇町)
  • 主 催:国立民族学博物館
  • 協 力:関西テレビ放送(関西テレビ「夏休みキッズみんぱくCanadian Spirit」 )
関西テレビで「夏休みキッズみんぱくCanadian Spirit」がニュース番組で紹介されます。
開催期間中のマル得情報
宝塚歌劇団雪組の早霧せいなさんの特製うちわの配布など、みんぱくの様々な催しについてのプロモーションをします。特別展「自然のこえ 命のかたち-カナダ先住民の生みだす美」(国立民族学博物館 9月10日~12月8日)をご観覧の際に、このうちわをご持参された方は観覧料を割引いたします。なお、うちわは、土・日10:30と14:30(8月30日は10:30のみ)から各250枚、平日11:30から200枚を配布します。(いずれも先着)
特別展「自然のこえ 命のかたち-カナダ先住民の生みだす美」はこちら [→]

特別展「自然のこえ 命のかたち-カナダ先住民の生みだす美」関連
 巨大な“ねぶた”を展示

ねぶたの内部には子供が入ることができ、内部の大画面モニターで映像・写真などを楽しむことができます。
また、夜間は内部に照明を設置し光のオブジェとなります。

  1. 巨大なシャチ(直径5m・高さ4m)を制作・設置
  2. 森の大木・トーテムポール(直径5m・高さ6m)を制作・設置(造形制作協力:京都造形芸術大学 写真協力:赤阪友昭氏)

●メディアアートを活用した楽しめるインタラクティブ展示の実施

「飛び出す絵本」
「ワタリガラスの神話」をモチーフにしたAR技術を用いた飛び出す絵本を展示。
(技術協力:奈良先端科学技術大学 3Dアニメ制作協力:大阪電気通信大学)
「飛び出す仮面」
北西海岸先住民のアートデザインをモチーフにし、AR技術を応用した飛び出す仮面を展示。
(技術協力:奈良先端科学技術大学 3Dアニメ制作協力:大阪電気通信大学)
「トランスフォーメーションボード」
壁面に大画面を設置、その前に立つと自分の姿がクマやワシなどのトーテムに変容し、大画面に投影されます。
(協力:大阪大学)

●なんでもアリーナで8月23日(日)にイベントを実施

☆たんぽぽ少年少女合唱団公演「日本とカナダの歌とあそび」

  • 日時:2009年8月23日(日)11:00~12:00
  • 場所:関西テレビ放送なんでもアリーナ(入場無料、申込不要)
  • 合唱:たんぽぽ少年少女合唱団

☆ワークショップ アフリカの太鼓をたたいてみよう!

☆コンサート「アフリカン・パーカッション セネガル・サバールの響き」

このプロジェクトへの協力機関:大阪電気通信大学、関西テレビ放送、京都造形芸術大学、大阪大学、京都嵯峨芸術大学、奈良先端科学技術大学院大学、MayuArt.com、スタジオ・セサミ。