国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2012年10月13日(土)
中国・貴州省、苗民族の紐織りに挑戦!

特別展「世界の織機と織物─織って!みて!織りのカラクリ大発見」関連ワークショップ


チラシダウンロード[PDF:3.45MB]

※申込受付を終了いたしました。

世界各地で調査・研究をしている研究者や専門家と一緒に、「織り」という手仕事の世界と、人びとの暮らしへ関心を深めてみませんか?
みんぱくでは、特別展会期中に、織り技術や、糸つくりを体験するワークショップを開催します。

  • 日時:2012年10月13日(土) 10:30〜16:30
  • 会場:国立民族学博物館 第7セミナー室(本館2F)
  • 対象:高校生以上
  • 事前申し込み制 参加無料
  • 定員:15名
  • 応募締切日:9月21日(金)必着
 

内容

中国・貴州省、 苗民族の紐織りに挑戦!
[img]

中国・貴州省の苗民族は、民族衣装に様々な紐を用います。苗語には文字が無く、文様で民族の伝説や道徳、教育、哲学などを次世代に繋いできました。紋織技術を学びながら、人と織物の関係や文様の役割について考えます。

 

講師

鳥丸知子 とりまるともこ

1969年福岡市で生まれる。東華大学大学院(中国・上海)紡織工程学科博士課程修了。工学博士。現在、福岡職業訓練協会講師、九州栄養福祉大学非常勤講師。アジアを中心に民間に現存する染織技術の現地調査を行うとともに、国内外において織物製作の指導に従事。著書に『布に踊る人の手―中国貴州苗族染織探訪18年』(2004年、西日本新聞社)、『One Needle, One Thread』(2008年、Hawaii Univ.)。

 

応募方法

ワークショップへ参加ご希望の方は以下の1.〜5.の内容を明記の上、 メールまたは、往復ハガキにてご応募ください。

1.参加者氏名
2.年齢
3.住所(郵便番号) 
4.電話番号 
5.参加ご希望ワークショップ名

【以下の注意事項を必ずご確認ください。】

※応募は往復ハガキ1枚につき2名様まで、Eメール1通につき2名様までとさせていただきます。
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※ご応募いただいた方には当館より、お申し込み結果を締め切り日から2~3日後にお知らせいたします。
※1度の申し込み(1枚のハガキまたは、1通のメールにつき)で、1つのワークショップのみの応募とさせていただきます。
※往復ハガキでお申し込みの場合は、返信ハガキの表に代表者の住所・氏名をご記入ください。
※参加お申し込みいただいた方の個人情報は、本館事業に関する目的以外では使用いたしません。

応募締切日

9月21日(金)必着

 

応募先

往復ハガキ

〒565−8511
大阪府吹田市千里万博公園10−1
国立民族学博物館 
情報企画課「秋季特別展ワークショップ」係

Eメール

workshop@idc.minpaku.ac.jp

 

お問い合わせ

受付時間 平日(月~金)9:00〜17:00
情報企画課 「秋季特別展ワークショップ」係
TEL:06-6878-8532