国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

特別展「ラッコとガラス玉」

ラッコとガラス玉
展示場 Floor Map
 

展示場 Floor Map

 日本列島北部やサハリン・アムール川を含む北太平洋地域の先住民は、単なる狩猟・漁撈民ではなく、積極的な交易者でした。この交易は、東アジアはもとより世界各地で12世紀以降に胎動しはじめた強力な商品経済の動きと連動しています。彼らは交易によって手に入れた物資を使いこなして、独自の文化の発展をはかっていきました。展示の構成は、3つの地域展示と2つのテーマ展示によって、北方先住民の交易世界について紹介します。

※イベント・コーナーでは、革でみんぱくオリジナルの「ラッコのキーホルダー」をつくったり、「民族衣装の試着」ができます。

image image