国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

特別展「今和次郎採集講義─考現学の今」 今和次郎とは

特別展「今和次郎採集講義─考現学の今」
今和次郎とは
街中の今和次郎

青森県弘前市に生まれた今和次郎(こん わじろう 1888-1973)は、昭和初期の急速に大都市化していく東京の街の様子や人々の生活の変化を採集(観察し、記録する)・分析した「考現学(こうげんがく)」の創始者として知られています。また、民俗学者の柳田國男らがつくった民家研究の会「白茅会(はくぼうかい)」に参加したことをきっかけにはじめた民家研究の分野でも重要な足跡を残しました。

一方、関東大震災直後の街頭に出て、急ごしらえのバラック建築をペンキで装飾した「バラック装飾社」の活動や積雪地方のくらしを快適にするための試み、村の共同作業場の設計などに携わった建築家・デザイナーでもありました。さらに戦後になると、日常生活を考察する「生活学」や「服装研究」といった新しい学問領域も開拓していきます。こうした幅広い領域にわたる活動の根底には、都市と地方を行き交いながらさまざまなくらしの営みを“ひろい心でよくみる”ことをとおして、これからのくらしのかたちを、今を生きる人々とともに創造しようと模索し続けた今和次郎の生き方がありました。

「今和次郎 採集講義」展は、工学院大学図書館の今和次郎コレクションに所蔵される膨大かつ多彩な資料を中心に、スケッチ、写真、建築・デザイン図面等をとおして今和次郎のユニークな活動を紹介する初の本格的な回顧展です。

青森県立美術館パナソニック 汐留ミュージアムで開催されたこの展示資料に加えて、みんぱくの考現学的な調査記録と資料を展示するのが、特別展「今和次郎 採集講義―考現学の今」です。