国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

特別展「オセアニア大航海展」

オセアニア大航海展:ヴァカ モアナ、海の人類大移動
 



ごあいさつ
1977年11月に開館した国立民族学博物館は、今秋、開館30周年を迎えます。それを記念した特別展「オセアニア大航海展」は、ニュージーランドのオークランド博物館が企画した「ヴァカ モアナ」展を組み込んだ形で企画されました。「ヴァカ モアナ」は、ニュージーランド、日本をはじめオーストラリア、台湾、アメリカ、カナダなど世界各地を5年間かけて巡回する大規模な国際展覧会です。
舞台は地表の3分の1を占め、「水半球」とも呼ばれる太平洋。この大海原に点在する島じまがヨーロッパの人びとに知られるようになったのは、今から約400年前、大航海時代のことです。 しかし、そのはるか昔に、何千年もの時をかけてこの大海原を航海し、前人未到の島じまへの移住を成功させた人びとがいました。現在のポリネシア人の祖先たちです。彼らは東南アジアから太平洋を横切り、東はイースター島、西はマダガスカルへと何千キロメートルにもおよぶ地球規模の大移動を成しとげたのです。
方位磁石や海図などの近代計器がなかった先史時代に、新天地を求めて太平洋という未知の世界へ漕ぎ出していった、勇敢で好奇心に満ちたオセアニア地域の人びとの知られざる歴史と偉業は、ともすれば夢を失いつつある現代の人びとに、限りない夢と勇気を与えるものと思います。
本展覧会は、人類史上最後のフロンティアとなった広い太平洋を舞台に繰り広げられた、この壮大な海のドラマを紹介するとともに、その末裔たちの現在の多様な暮らしぶりを紹介いたします。ここでは、国立民族学博物館が開館してから今日までの30年間という急速な社会・地球環境の変化の時期に注目してみたいと思います。
観覧者のみなさまには本展覧会をとおして、オセアニアに暮らす人びとの歴史と現在の生活、そして将来を私たちとともに考え、経験していただくことで、従来「楽園」のイメージだけで語られがちであったオセアニアと、そこに暮らす人びとの真の姿を知っていただくよい機会となることを願っています。
実行委員一同



vakamoana
■開催期間:2007年9月13日(木)~12月11日(火)
■観覧料:一般1,000円(700円)高校/大学生550円(300円)小・中学生300円(150円)
 *( )は20名以上の団体料金です
 *割引料金対象者(要証明書)
  ・大学等(短大・大学・大学院・専修学校の専門課程)の授業での利用の方
  ・・・シラバス等、授業内容の明記されたもののコピーが必要
  ・3ヶ月以内のリピーター・・・3ヶ月以内の前回の観覧券が必要
  ・満65歳以上の方・・・年齢を証明できるものが必要
 *上記料金で常設展も御覧になれます 
 *毎週土曜日は、小・中・高校生は無料
 ※9月17日(月・祝)、11月3日(土・祝)、17日(土)、18日(日)は全ての方が無料
■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
■休館日:水曜日
■問合せ:TEL. 06-6876-2151(代表)