国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

企画展「ワンロード: 現代アボリジニ・アートの世界」

  • 会期:2016年6月9日(木)~7月19日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 無料観覧日:6月19日(日)
  • 観覧料:詳細はこちら
  • 主催:国立民族学博物館
  • 共催:オーストラリア国立博物館
  • 協力・助成:Catalyst-オーストラリア芸術文化基金、オーストラリア外務貿易省、オーストラリア大使館
  • 協賛:キャセイパシフィック航空会社
  • 後援:日本文化人類学会
 

◆アボリジニおよびトレス海峡諸島民の方へのお願い
本展示ではオーストラリア先住民の故人の名前や画像を掲載しております。何卒ご了承下さい。

展示趣旨

オーストラリア西部の砂漠を縦断する1850 キロの一本道があります。
世界最長の牧畜移動路とされるこの道は、先住民と西洋社会が交叉する場所でもありました。その場所で、オーストラリア国立博物館が現代のアボリジニ・アーティストと行ったプロジェクトから生まれた作品をご紹介いたします。

 
関連イベント
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

終了「オーストラリア先住民アボリジニのアートとワンロード 」

日時:6月26日(日) 14:30~15:00
講師:丹羽典生(国立民族学博物館准教授)
場所:国立民族学博物館 本館展示場(オセアニア展示場→企画展示場)
申込不要/要展示観覧券

詳細はこちら

 
ギャラリートーク

終了「ワンロード展の世界――アボリジニ・アートとオーストラリア」

日時:7月8日(金)14:30~15:00
話者:窪田幸子(神戸大学教授)
場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
申込不要/要展示観覧券

「ワンロード|現代アボリジニ・アートの世界」公式サイトはこちら

 
お問い合わせ:〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10番1号 Tel:06-6876-2151(代)