国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

企画展「アーミッシュ・キルトを訪ねて―そこに暮らし、そして世界に生きる人びと」

  • 会期:2018年6月21日(木)~9月18日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 観覧料:本館展示観覧料でご覧いただけます。詳細はこちら
  • 主催:国立民族学博物館
  • 協力: ネブラスカ大学リンカーン校インターナショナルキルトスタディセンター&ミュージアム
    エリザベスタウン大学ヤング再洗礼派敬虔派研究センター
    ゴーシェン大学メノナイト歴史図書館
    アメリカンキルトスタディグループ
 

プレーン・ピープル(簡素な人びと)とも呼ばれるアーミッシュが無地の布をパッチワークしつくるベッドカバーは、あざやかな色合いと幾何学模様から生まれるデザインや細やかなステッチで20世紀後期に注目を集めました。特に、厳格に教会コミュニティを守ろうとするオールドオーダー・アーミッシュは、現在も馬車を使用し公共の電気を引かず、公教育の期間を制限しています。世界から孤立したようにみえる人びとは、どのように環境や周囲と交流し影響を与えてきたのでしょうか。本展示では、みんぱくコレクションを素材として、キルトに織りこまれた日々の暮らしや物語、キルトが結ぶ世界との交流をたどります。

 

アーミッシュは主に北米の都市郊外や農業地域に暮らすキリスト教の一派です。その起源はスイスやドイツなどを中心とした宗教改革の時代の再洗礼派にさかのぼります。

 
みんぱくゼミナール

アーミッシュ・キルトを巡る旅―いくつもの人生物語へ
日時:2018年7月21日(土) 13:30~15:00
講師:鈴木七美(国立民族学博物館教授)
場所:国立民族学博物館 講堂
申込不要/参加無料/定員450名(先着順)

詳細はこちら

 
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

キルト・ストーリーが紡ぐ世界
日時:2018年6月24日(日) 14:30~15:30
講師:鈴木七美(国立民族学博物館教授)
場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
申込不要/参加無料・要展示観覧券

詳細はこちら

 
ワークショップ

パッチワーク・キルトのある生活
日時:2018年7月22日(日) 10:30~12:00/14:00~15:30
講師:黒羽志寿子(キルト作家)
   鈴木七美(国立民族学博物館教授)
場所:国立民族学博物館 第3セミナー室、本館企画展示場
小学5年生以上(参加費500円/要事前申込/各回20名)
※申込みは6月21日(木)からとなります。

詳細はこちら

 
みんぱく夏休みこどもワークショップ

キルト その世界の不思議を考える―フィールドワークに挑戦!
日時:2018年7月29日(日) 10:30~16:00
講師:鈴木七美(国立民族学博物館教授)
場所:国立民族学博物館 本館展示場
小学4年生~6年生(参加費500円/要事前申込/定員12名)
※申込みは6月21日(木)からとなります。

詳細はこちら

 
友の会講演会

アーミッシュの信仰と文化――歴史から現代へ
日時:2018年8月4日(土) 13:30~14:40
講師:踊共二(武蔵大学教授)
場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
定員:80名(先着順〉
参加費:一般 500円、友の会会員 無料(会員証提示)
※講演会終了後、企画展の見学会をおこないます。[解説:鈴木七美(国立民族学博物館教授)]
 (要友の会会員証、もしくは展示観覧券)

 
ギャラリートーク

アーミッシュの暮らしや、キルトの魅力についてお話しします。
日時:2018年6月28日(木)14:00~
   2018年7月26日(木)14:00~
   2018年8月23日(木)14:00~
   2018年9月13日(木)14:00~
場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
申込不要/参加無料・要展示観覧券
※都合により、変更になる場合があります。

 
 
 

アーミッシュ・キルト
「バーズ」

無地の女児用ワンピース

アーミッシュ・キルト:
センターダイアモンド

アーミッシュ・ドール
(子ども用人形)

 
お問い合わせ:〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10番1号 Tel:06-6876-2151(代)