国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

企画展「順益台湾原住民博物館所蔵・学生創作ポスター展 台湾原住民族をめぐるイメージ」

  • 会期:2016年8月4日(木)~10月4日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 無料観覧日:9月10日(土)、9月11日(日)、9月19日(月・祝)
  • 観覧料:詳細はこちら
  • 主催:国立民族学博物館
  • 共催:順益台湾原住民博物館
  • 特別協力:原住民族委員會原住民族文化發展中心、凱達格蘭文化館、順益關係企業、国立情報学研究所
  • 後援:中華民国(台湾)文化部、原住民族委員會、台北市政府原住民族事務委員會、台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
 
 
展示趣旨

この展示会では、本館と学術交流協定を締結している台湾の順益台湾原住民博物館が2006年より隔年で主催、実施している学生ポスターコンテストに出品され入選を果たした作品を中心に紹介します。コンテストの主題となってきたのは、台湾の先住民族である台湾原住民族の文化や歴史です。
情報産業がめざましい発展を遂げた台湾では、若い世代がデジタルコンテンツの制作に取り組み、豊かな構想力や創造力を発揮しています。今回の展示会では、学生たちがとらえた原住民族のイメージが表現されたポスターをご覧いただくとともに、イメージとむすびつく原住民族の物質文化を紹介します。

 
作品紹介「一張一話」

解説:野林厚志(国立民族学博物館教授)
※画像をクリックすると紹介文が表示されます。

[img]
[img]
[img]
[img]
[img]
[img]
[img]
 
関連イベント
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう
終了「デジタル時代の原住民イメージ」

日時:8月14日(日) 14:30~15:00
講師:野林厚志(国立民族学博物館教授)
場所:国立民族学博物館 本館ナビひろば
申込不要/要展示観覧券

詳細はこちら

 
 
お問い合わせ:〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10番1号 Tel:06-6876-2151(代)