国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

国立民族学博物館コレクション 世界のかわいい衣装

  • 会期:2019年11月13日(水)~25日(月)
  • 場所:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
  • 時間:日~木曜日/10:00~20:00
       金・土曜日/10:00~21:00
  • 入場料(税込):一般/600円、学生/400円【小学生以下無料】
    ※阪急阪神お得意様カード、各種ペルソナカード、エメラルドSTACIAカード、国立民族学博物館友の会会員証のご呈示で、ご本人様に限り入場料から100円割引
  • 主催:阪急うめだ本店/国立民族学博物館/千里文化財団
 

概要

さまざまな気候や風土、社会や文化のなかで育まれてきた世界の衣装。その魅力は、鮮やかな色彩、地域独特の文様、形や着方の多様さにあります。またそこには織りや染め、刺繍、レースなどの多岐にわたる手仕事をみることができます。私たちの生活を彩ってきた衣装は、その土地に生きる人びとの知恵や創意工夫、技術によって伝えられ、現在まで受け継がれています。
本展では、国立民族学博物館が所蔵するコレクションのなかから、「かわいい」をキーワードに選んだ、1920年代から現在までの衣装約120点を紹介します。これらを身につける人びとの世界に思いを馳せることは、私たちの装いについても問い直す機会となるでしょう。