国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館員の刊行物

<驚異>の文化史―中東とヨーロッパを中心に 2015年11月10日刊行

山中由里子 編

名古屋大学出版会
【共同研究成果/科研プロジェクト成果】

出版物情報

主題・内容

アレクサンドロスも遭遇したという怪物から、謎の古代遺跡や女だけの島まで、たえず人々の心を魅了してきた〈驚異〉。旅行記や博物誌が語り、絵画や装飾品に表れるその姿は、人間の飽くなき好奇心を映し出す。

おすすめのポイント(読者へのメッセージなど)

<驚異>を軸に、中世から近世にかけての一神教世界の精神史を細やかかつ大胆に描き出す、国内外で類のない比較研究。知識が細分化してしまった昨今、前近代の「総合知」の在り方を、まさに総合的な視点から再評価する契機となれば。

目次

序章 驚異考……………山中由里子
1 驚異とは?
2 驚異と中世一神教世界
3 先行研究
4 比較研究の可能性と問題点
5 ジャンルの問題
6 驚異の定義
7 歴史的展望
第I部 驚異とは何か
第1章 ヨーロッパ中世における驚異……………池上俊一
はじめに
1 中世知識人にとっての驚異
2 分類・定義の試み
3 キリスト教的驚異について
4 驚異の歴史
おわりに
第2章 イスラームにおける奇跡の理論……………二宮文子
はじめに
1 イスラームにおける奇跡の発生原理
2 イスラームにおける奇跡の分類
3 驚異譚・奇跡譚・歴史叙述―中世南アジアの事例から
おわりに
第II部 驚異の編纂と視覚化
第1章 中世イスラーム世界の旅行記と驚異譚―驚異を目にした人々……………亀谷学
はじめに
1 イスラーム世界における旅と旅行記
2 旅と驚異
3 ガルナーティーの旅と驚異
4 旅行記と驚異譚の書
むすびにかえて
第2章 天上・地上の驚異を編纂する―ペルシア語百科全書成立の12世紀……………守川知子
はじめに
1 トゥースィーの 『被造物の驚異と万物の珍奇』
2 諸学を編纂する
3 12世紀の思想潮流の中で
おわりに
第3章 ヨーロッパ中世の東方旅行記と驚異……………大沼由布
はじめに
1 驚異の目撃譚としての旅行記
2 旅行記という枠組みが与える他の条件
3 信憑性を持たせるための記述上の工夫
おわりに
第4章 ヨーロッパ中世の奇譚集……………黒川正剛
はじめに
1 古代から中世へ―奇譚集の誕生
2 『皇帝の閑暇』 における奇譚
3 『アイルランド地誌』 における奇譚
4 三大百科全書と奇譚 おわりに
第5章 コプト聖人伝に見られる驚異な奇跡譚……………辻明日香
はじめに
1 もう一つのキリスト教世界における奇跡譚の編纂
2 「驚異」 としての奇跡譚
おわりに
第6章 中東イスラーム世界の写本絵画と驚異……………林則仁
はじめに
1 中東イスラーム世界における写本絵画の伝統と 『被造物の驚異』
2 カズウィーニーの 『被造物の驚異』
3 驚異の視覚的描写から見る世界観
4 視覚化によって高められる信憑性
5 『被造物の驚異』 写本絵画と他の書物
おわりに
第7章 イスラーム美術に表された驚異の動物……………小林一枝
はじめに
1 初期の動物表現、実在する動物と空想動物
2 聖獣もしくは瑞獣としての空想動物
おわりに
第8章 ヨーロッパ中世写本の挿絵に見る驚異……………松田隆美
1 驚異の視覚化と挿絵
2 死後世界への旅と驚異
3 典礼書の余白に描かれた驚異
4 装飾モチーフ化される驚異
第9章 ロマネスク床モザイクに見る驚異―オトラント大聖堂の分類不能な怪物たち……………金沢百枝
はじめに
1 謎を読み解く試みの数々
2 オトラント大聖堂の床モザイク
3 偉人の驚異譚
4 分類不能な怪物たち
おわりに
第III部 驚異のトポス
第1章 ヨーロッパ中世の驚異譚における空間 (トポス) と時間 (クロノス)…………池上俊一
はじめに
1 驚異の空間
2 驚異の時間
3 古代形象の例―魔術師ウェルギリウス
おわりに
第2章 東方の驚異―ヨーロッパにおける巨大蟻の記述の変遷……………大沼由布
はじめに―東方の驚異と古代からの知識の継承
1 ギリシア・ローマ時代の巨大蟻の記述
2 ヨーロッパ中世における巨大蟻の記述
おわりに
第3章 動く島の秘密―巨魚伝説の東西伝播……………杉田英明
1 中東世界
2 西方伝承
3 東方伝承
4 日本への伝来
第4章 想像の地理と周縁の民族―女人族伝承の東西伝播……………山中由里子
1 驚異の民族
2 アマゾン伝承の起源
3 中世イスラーム世界に伝わったアマゾン伝承
4 女人族とアレクサンドロスの出会い
5 船乗り譚や旅行記における女人族伝承
第5章 驚異としての北方―イブン・ファドラーンの記録を中心に……………家島彦一
はじめに
1 イブン・ファドラーンの旅
2 驚異の源泉としての北方ユーラシア世界
むすびにかえて―驚異譚の定型化と知識の伝承
第6章 驚異としてのアフリカ大陸―中世アラビア語地理文献に見えるザンジュ地方……………鈴木英明
はじめに
1 行政官たちの地理書・バルヒー学派
2 渡航者たちによる著作
3 島嶼部の登場と混同
4 陸と海との傾向の分化、驚異の行方
おわりに
第7章 ピラミッドという驚異……………亀谷学
はじめに
1 ピラミッドの驚異性
2 ピラミッドへのアプローチ
3 中世イスラーム世界のピラミッド学の集大成
むすびにかえて
第8章 ペルセポリスとイスラーム世界の 「七不思議」……………守川知子
はじめに
1 イスラーム世界の 「七不思議」 にみる 「驚異の建造物」
2 「スライマーンのモスク」 としてのペルセポリス
3 「ジャムシードの玉座」
おわりに
第9章 ストーン・ヘンジと驚異の国土……………見市雅俊
1 中世編―先住権のあかし
2 近世編―ローマ化のあかし
おわりに
10章 月から見える万里の長城……………武田雅哉
1 長城という驚異
2 「月から見える長城」 の誕生
3 だれかが見た長城
4 火星人も長城を見ている?
5 「月の男」 の変貌
第IV 驚異の転生
第1章 ヨーロッパ近世の驚異―怪物と魔女……………黒川正剛
はじめに
1 ヨーロッパ近世における驚異・怪物の増殖
2 驚異と自然
3 魔女言説における驚異・奇跡・魔術と自然
おわりに
第2章 驚異の部屋 「ヴンダーカンマー」 の時代……………小宮正安
はじめに
1 ストゥディオーロからヴンダーカンマーへ
2 「術」 の満てる空間
3 「驚異」 のディスプレイ方法
4 「異形」 をめぐるコレクション
5 30年戦争前後のヴンダーカンマー
6 ヴンダーカンマーの変容と終焉
おわりに
第3章 自然誌と博物館―近世イギリスの驚異の行方……………見市雅俊
はじめに―驚異の時代
1 「驚異」 と 「好奇心」
2 トラデスカント・コレクションとアシュモリアン博物館
3 プロット自然誌
4 化石―自然の造形力
5 驚異の文化の終焉
第4章 「驚異の地インド」 の内在化……………小倉智史
はじめに
1 ムスリム宮廷におけるサンスクリット文献の翻訳活動
2 『アクバル会典』 におけるインドの思想と習俗
3 地続きになる遠い過去―『カシミール史』 のイスラーム前史
おわりに
第5章 イスタンブルの民衆と奇物―驚異から日常の中の異常へ……………宮下遼
1 オスマン朝における驚異の記録
2 帝都イスタンブルの奇物
3 「異教の気配」 としての帝都の歴史的重層性
4 驚異の日常化
第6章 歴史的パレスチナにおける奇跡譚の今―驚異を目にした人々聖者ハディル崇敬の事例……………菅瀬晶子
はじめに
1 聖者ハディルとは
2 現代の歴史的パレスチナにおけるハディル像
3 ハディル崇敬の特徴と奇跡譚
4 ハディル崇敬の場所とその霊験
5 ハディルの奇跡譚
6 奇跡と霊験のあいだ