国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

モノを見る目

(1)動詞で見る 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2009年4月1日刊行
小林繁樹(文化資源研究センター教授)

サケ皮の靴 中国
ふつう博物館へは実物の資料をとおして未知の知識を得たり、既知の事柄を再確認するために出かける。

だから博物館の展示は、一定の主題にそって説明的に資料が配置され、知識の整理を手伝っている。題目や展開の仕方には、利用者にとっての分かりやすさが大切である。

しかし、博物館は新たな物事の創出や、発想の手がかりを提供する創造の場でもある。

一見、分かりにくい主題や展示手法も、その構成が理解できると新たな見方で見ることができ、異なったモノが見えてくる。

今春の特別展の2階部分は、このような意図から、茶の湯のものづくりに関わるテーマを動詞でまとめた展示を試みている。

そこで「叩く」というコーナーには、茶道具の水指にちなんだネパールからの銅の水容器のほかに、フィジーの樹皮布、トリニダード・トバゴのスティールドラムも選ばれている。ともに制作過程に「叩く」作業が入っているからである。

こうしてまったく異なった種類の資料が同じステージに展示されると、発想の広がりの無限性が透けてくる。

見方を変えると見えるモノも変わってくることが、博物館での展示では具体的に分かってきて、おもしろい。
シリーズの他のコラムを読む
(1)動詞で見る 小林繁樹
(2)根源美 八杉佳穂
(3)手を動かして目を鍛える 上羽陽子
(4)ラオスの蚊帳 白川千尋
(5)織物は招く 樫永真佐夫
(6)目利きの真偽 三島禎子
(7)手にとる 佐々木利和