国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

休暇とバカンス

(3)米国NPO「休日協会」 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2009年6月17日刊行
出口正之(文化資源研究センター教授)

アフリカのステップもアートに
オバマ大統領就任後初めての独立記念日が近づいてきた。その発言も注目されるところだ。そもそも祝祭日は、支配者の文化に色濃く覆われ、その文化に則(のっと)った儀式を伴うことが多い。コロンブスが米国を発見した日も、おめでたいのかどうかは人によっては異なる。

カレンガという青年は、祝日の中に秘めるこうした文化性に着目し、アフリカ系アメリカ人自身が自らを祝う日、「クワンザ」を提唱した。クリスマス・シーズン後で商品が安くなる、12月26日から1月1日までの期間である。

協会の創設者ケンディさんは、「クワンザ」に合わせてアフリカ系関係の民芸品を販売した。時に1982年のこと。この小さなイベントはその後、「アフリカ 系アメリカ人休日エキスポ」という大行事となっている。このイベントから誕生したNPOが「アフリカ系休日協会」で、その他にも新しい祝祭日を提案し続けている。例えば、バレンタイン・デーに代わる2月13日の「ブラック・ラブ・デー」もその一つ。アフリカ系米国人としてのアイデンティティーを取り戻すための活動であり、「クワンザ音楽」なども生まれた。

大統領が「クワンザ」にどのようなメッセージを発するのか、今から興味深い。

シリーズの他のコラムを読む
(1)ゲストは留守番!? 近藤雅樹
(2)社会主義今昔 新免光比呂
(3)米国NPO休日協会 出口正之
(4)リゾート秘話 鈴木紀
(5)海外で金集め 須藤健一
(6)王様の休日 西尾哲夫
(7)夏休み・裏の必須科目 太田心平
(8)食の楽しみと「毛づくろい」の哲学 鈴木七美
(9)フィジーのピクニック 菊澤律子