国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

休暇とバカンス

(4)リゾート秘話 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2009年6月24日刊行
鈴木紀(先端人類科学研究部准教授)

カンクンのリゾートホテル
「俺の秘密話をきかせてやろうか」

メキシコ東部のマヤ民族の村で調査をしていた時、出稼ぎからもどった男が、私に話しかけてきた。

彼は焼畑でトウモロコシを作る典型的なマヤ農民だ。だが収入を補うため、カリブ海岸のリゾート都市、カンクンへしばしば働きにいっていた。

「俺がホテルで働いていた時のことだ。驚いたことに、ガバチャ(外国人女性)に呼び止められて、部屋に招かれたんだ。彼女はずいぶん寂しそうだった」

「すぐに俺たちは恋人どうしになった。でも彼女が帰る時、問題がおきた。いっしょに来てほしいって頼まれたからさ」

「俺は悩んだよ。彼女の国にいけば、いい暮らしができることはわかっている。でも俺には養うべき妻子がいるんだ。それで結局、きっぱり断ったさ」

実はこれは、カンクンで働く男たちが好んで語る自慢話だ。ホテルの名前や女性の国籍があいまいなのが特徴だ。だから私はこの話の真偽にはあまり関心がない。むしろ注目したいのは、この話が、熱帯のリゾートでバカンスを過ごす観光客に対する、地元の人のまなざしを巧みに伝えている点だろう。
シリーズの他のコラムを読む
(1)ゲストは留守番!? 近藤雅樹
(2)社会主義今昔 新免光比呂
(3)米国NPO休日協会 出口正之
(4)リゾート秘話 鈴木紀
(5)海外で金集め 須藤健一
(6)王様の休日 西尾哲夫
(7)夏休み・裏の必須科目 太田心平
(8)食の楽しみと「毛づくろい」の哲学 鈴木七美
(9)フィジーのピクニック 菊澤律子