国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

涼を飲む

(5)マッコリ 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2009年9月2日刊行
朝倉敏夫(文化資源研究センター教授)

全州のマッコリ村で=千里文化財団撮影

マッコリは韓国の伝統民俗酒の一つで濁酒という。農作業の合間に飲むことから農酒ともいわれる。田植えや稲刈りの共同作業の時、間食の代わりに、どんぶりほどの容器に注いでゴクゴクと飲み、キムチをつまむ。伝統的な農村社会におけるファストフードであった。

「漢江の奇跡」といわれた韓国の高度経済成長は、何事もパリパリ(急げ急げ)とばかりに急速度で進められた。酒を飲むのも焼酎をストレートでグイグイとあおり、一気に酔い、熱く語る飲酒文化が作られた。その韓国で、近年、マッコリがスローフードとして再認識されてきたようだ。

韓国の古都、全州に「マッコリ村」という観光資源ができた。ヤカン一杯のマッコリを頼むと、10~12種類のつまみがついてくる。マッコリを追加すれば、また違うつまみが出てくる。ここの名物に、既成のマッコリ瓶を冷蔵庫に4日ほど保管し、糟(かす)を沈殿させて上澄みだけを注いだ「マルグンスル(澄んだ酒)」がある。

マッコリの楽しみは、なんと言っても、ワイワイ、ガヤガヤ、皆で分かち合って飲むことにある。ただし、あまり熱くならずに、ゆったりと飲みたい。

シリーズの他のコラムを読む
(1)イモからつくった水 池谷和信
(2)カヴァで寝不足知らず 丹羽典生
(3)フィンランドの自家製ビール 庄司博史
(4)サトウキビジュース 樫永真佐夫
(5)マッコリ 朝倉敏夫
(6)混合飲料 野林厚志
(7)冷たいイコールすずしい? 笹原亮二
(8)生涯最高の乳酸飲料 三尾稔