国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

涼を飲む

(6)混合飲料 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2009年9月9日刊行
野林厚志(研究戦略センター准教授)

夜市のにぎわい

夏の台湾調査の楽しみの一つが夜市でいただく搾りたての生ジュース。最近は日本でも駅でよく見かけるようになったが、なんといっても台湾はお得感たっぷりな標準500mlの大容器。その場で果物をミキサーにかけ、果汁を容器にいれてビニールパッキング。先の尖(とが)ったストローを差し込んで飲むスタイルは、歩きながらでもこぼれない知恵ものなのである。

そんな夜市飲料の代表格は、パパイヤと牛乳をブレンドした「木瓜牛奶」(パパイヤミルク)。考えてみると、台湾はいろいろなものを混ぜて飲むことにあまり抵抗がない。「珍殊奶茶」(タピオカ入りミルクティー)はもはや定番だし、最近は「百香QQ緑」というパッションフルーツのジュースと種、こんにゃく、緑茶を混ぜたものが人気である。

フィールド調査者の勘にすぎないが、混ぜる理由の一つに甘みへの嗜好(しこう)があると思う。ペットボトルの緑茶や烏龍(ウーロン)茶の大半は砂糖入り。 「米酒」という強い蒸留酒を缶コーヒーと混ぜることがあるし、滋養強壮をうたうカフェイン入りアルコール飲料も強烈に甘い。

混ぜあわせて甘くしてしまい、うまくやる。台湾社会の調整術を見ているような気になるのは考えすぎか。

シリーズの他のコラムを読む
(1)イモからつくった水 池谷和信
(2)カヴァで寝不足知らず 丹羽典生
(3)フィンランドの自家製ビール 庄司博史
(4)サトウキビジュース 樫永真佐夫
(5)マッコリ 朝倉敏夫
(6)混合飲料 野林厚志
(7)冷たいイコールすずしい? 笹原亮二
(8)生涯最高の乳酸飲料 三尾稔