国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

オセアニア探検

(6)忘れえぬ先人  『毎日新聞(夕刊)』掲載 2011年8月18日刊行
小林繁樹(文化資源研究センター教授)

ヤムイモ畑をほうきで掃く女性
畑をほうきで掃いて手入れをすると聞くと、驚くかもしれない。しかもニューギニアの人びとが山間の焼き畑で、というとなおさらだろう。

私が初めてニューギニアのマンドッグ島に行ったのは、1974年で、当時25歳だった。島人はもともと漁労民で、交易民であった。カヌーを操り、本島のヒューオン半島とニューブリテン島間を往来して物品を交換し、社会的政治的関係も築いていた。

しかし第二次世界大戦前後からか、畑作を始めた。慣れない農作業はあまり上手ではない。が、じつに丹精をこめて仕事をしている。

ところで、マンドッグ島民が交易で土器を得ていたヒューオン半島の北海岸に、ロシアの人類学者で生物学者でもあるニコライ・ミクルホ=マクライは、今から140年も前の1871年から15カ月間、滞在している。その時、彼もまた25歳であった。以後、この地を2度訪ね、合計3年間弱を過ごした。

その彼の日記にも、住民たちがいかに丁寧に畑作りにいそしんでいるかが記されていて興味深い。

彼は奴隷貿易に反対し、住民自治を計画するなど、ヒューマニストの学者として知られる。そして今でもここはマクライ海岸と呼ばれている。
シリーズの他のコラムを読む
(1)人類、海に乗り出す 印東道子
(2)欧州から豪州への道 久保正敏
(3)熱帯で教会衣装をまとう 丹羽典生
(4)帆にも服にもなる葉 ピーター・J・マシウス
(5)航海術伝授のお返し 須藤健一
(6)忘れえぬ先人 小林繁樹
(7)病気 白川千尋
(8)終の棲家(ついのすみか) 林勲男