国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

くらしの美

(1)ポスターを飾る 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2011年9月8日刊行
関本照夫(先端人類科学研究部特任教授)

定期市のポスター屋
今から30年以上も前、私はインドネシア・ジャワ島のある村に暮らし、村人のさまざまな仕事を学んでいた。

村では5日ごとに定期市が開かれ、遠郷近在からたくさんの物売りがやってくる。野菜、干魚に籠や笠(かさ)、布に金物、農具と何でも売られている。その中には、ポスター屋もいた。

ポスターの絵柄はさまざま。インド古典のマハーバーラタに話をとった影絵人形芝居は、ジャワの人気芸能である。そのヒーローたちが描かれている。生身の人間が演じる古典芝居の絵や、人気映画スターのカレンダーがあるかと思えば、アラビア文字で書かれたイスラムの聖句やモスクの絵もある。漫画の主人公の姿も見える。

ジャワ農村の住まいは物が少なく、部屋の壁はがらんと空いている。人はそこに写真やポスターを貼って、室内の潤いにする。

よそ者の私には、村で昔から使われる素焼きの土器、編み籠、笠などに、暮らしの美が見えた。一方、村の住人には、簡素な印刷ポスターこそ、部屋を飾るにふさわしいものだった。後で気づいたのだが、さまざまなポスターがまぜこぜに並ぶポスター屋の一角には、ポップアートのような美があった。
シリーズの他のコラムを読む
(1)ポスターを飾る 関本照夫
(2)神さまカレンダー 三尾稔
(3)精巧な編みかご 齋藤玲子
(4)お金には換えられない 伊藤敦規
(5)アイヌの首飾り 池谷信和
(6)カムイノミ 吉田憲司
(7)アイヌ文様 岸上伸啓
(8)木の器 佐々木史郎